鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

最近はCMまでゆとり体質になったのかと思ったけど、実際 3、4時間が限界だよね。

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

テレビ大好きな嫁に付き合い、独身時代の120倍くらいテレビを見るようになった鈴木です。

独身時代なんて、DVD見るためにテレビをつけるくらいでしたからね。

f:id:suzukidesu23:20140711093917j:plain

先日、テレビを見ていると懐かしいメロディが。

リゲイン エナジードリンクのCM

リゲインのCMと言えば、自分の世代なら、時任三郎さんが「牛若丸三郎太」名で歌っていた「勇気のしるし」が懐かしいと思うでしょう。

バブル時代真っ只中のバブル世代の代表的なCMソングだったと思います。

それが、今、川本真琴さんが歌い、すみれがラムちゃんの格好をしてCMとして流れています。

川本真琴

川本真琴

  • アーティスト: 川本真琴,石川鉄男,岡村靖幸
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1997/06/25
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 142回
  • この商品を含むブログ (208件) を見る
 

 すみれ に対しての違和感はこの際、置いときます。

元のCMを知らない方も多いのかな?と思いますので貼っておきます。

 

勇気のしるし?リゲインのテーマ?

勇気のしるし?リゲインのテーマ?

 

24時間戦えますか?

元々は健康ドリンクとして24時間頑張るジャパニーズビジネスマンの歌として、当時のビジネスマンを励ました歌だったと思います。

ちょうど受験勉強真っ最中だったので、これを飲んで頑張った思い出もあります。

ところが、今回の新しいリゲインの エナジードリンクは

24時間戦うのはしんどい

 として、

3,4時間 戦えますか?

 となっています。

う~ん、CMも健康ドリンクもゆとり世代に突入か?とふと脳裏をかすめました。

でも、ゆとりとか以前に確かに元から24時間戦うなんて、無理ですよね。
ワタミじゃ無いんだから。

3,4時間集中して働く

 

【書評】「きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉」を読んでみた。さすがワタミ! - 鈴木です。

1日に働ける時間は平均しても多くて1日15時間くらいが一般的には限界でしょう。出来れば10時間以内が理想です。それに人間、集中して仕事が出来るのはまあ、3~4時間くらいなものですよ。

昨日は11記事という進撃の更新 を行っていた cardmicsさんも1日3時間程度しか持たないと書いています。

news.cardmics.com

この更新数は見習いたいものです。一方昨日の自分は他のサイトと合わせて6記事でした。

業種等によって、拘束時間が長かったり、3~4時間じゃ足りない!というのも解ります。ただ、日本の3分の1くらいの企業でもっと業務時間は短縮出来るのでは無いか?と考えます。

それに、3~4時間集中して仕事を行う事の方が効率が良い事は数多くあります。また、時間を費やすためにわざとダラダラと非効率な働き方をする人もいます。

まだまだ日本は、サラリーマンが長時間働くことを美徳としている会社が多いですからね。

だから、今回のリゲイン エナジードリンクのCMは、3、4時間で良いから集中して働けよ!効率が良いから!という応援ソングとして受け取ると、少しだけやる気が出るかな?と思ったり、思えなかったり、どっちやねん!

ただ、午前中に2~3時間、日中に2~3時間、夕方から夜に2~3時間とある程度途中で休憩をとって区切った時間での集中の方が圧倒的に作業効率は自分としては上がります。その間に1時間前後の休憩と仮眠をとって。

だから、やっぱり集中する時間は3~4時間が限界ですよね。

まとめ

すみれは、美人でスタイルも良いと思うけど、ラムちゃんのキャラクターじゃないよね!

で締めくくりたいと思いますm(__)m

サントリー リゲイン エナジードリンク 190ml缶×30本

サントリー リゲイン エナジードリンク 190ml缶×30本

 
リゲイン 50mLx10本 【指定医薬部外品】

リゲイン 50mLx10本 【指定医薬部外品】

 

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。