鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

旅行・観光・温泉系ブログやまとめサイトに見る違和感 出典明記で写真使い放題?

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

体調不良で早退して、寝ていたら、こんな時間になっていた鈴木です(^^;

やはり寝るのが一番ですね。すっかり治りました。

最近、いろんなまとめ記事を読むのですが、特に旅行・観光・温泉系のまとめ記事を見て、違和感をすごく感じました。

鈴木が過去にかいた温泉まとめ記事

 

これからの季節 夏場に最適な温泉7選 全国版 - 鈴木です。
以前書いた旅行系まとめ記事

 

 

撮影禁止の温泉宿

 上記の温泉のまとめ記事に使った写真はすべて私が撮影したものです。
3番目に紹介している、「宮城県 吹上温泉 峯雲閣」

こちらは、写真撮影不可の宿として温泉マニアには有名な宿です。

カメラを預かるとまで明記している宿ですから。

でも、宿泊して写真撮影のお願いをすると快く許諾して下さいます。
条件として、お風呂に誰もいない時ならどうぞ!という事で。

日帰り入浴では個人では許可は降りません。

なので、私も宿泊をして写真撮影をしています。
他にも撮影不可の宿は宿泊をして了解を得て撮影をする事にしています。

しかし、実際に「宮城県 吹上温泉 峯雲閣」で検索すると、これ盗撮だな~と思う写真を使っている有名サイトもありますが。

まとめサイトの温泉記事

先日泊まった 川中温泉 かど半旅館さん

日本三大美人の湯に入る 川中温泉 かど半旅館【ダイジェスト版】 - 鈴木です。
川中温泉 かど半旅館 ...
川中温泉 かど半旅館

泊まる前に事前に調べておこう!といろんなサイトを見ていました。NAVERのあるまとめ記事を見て、なんか違和感があったのですが、その時はその違和感が何か解りませんでした。
帰宅して、再びそのサイトを見て、その違和感の正体が解りました!

自分で撮った写真が一切使われていない事。

これでまとめ記事って、どうなのでしょうか?

旅行・観光・温泉系のまとめ記事の場合、やはり自分の足を使って撮った写真で無ければ、あまり意味が無いように思います。企業サイトならまだ良いと思うのですが、NAVERはあくまで個人によるまとめ記事。

*日本三大美人の湯 で検索してもらうと解るかと思います。

出典明記で写真使い放題?

NAVERで気になった温泉のまとめ記事、写真がすべてどこかのサイトから持ってきているもの。
なので、すべての写真に出典が明記されています。
でも、出典を明記すれば、他の人が撮影した写真って、使い放題なのでしょうか?

その温泉宿のHPから持ってくる分にはまだ宣伝にもなりますから良いと思うのですが、個人サイトの写真を使うって、どうなのでしょうか?

転載の転載

 このNAVERのまとめ記事で気になったのがもう1つ。
ある写真が私の知り合いの写真だったので、出典元を見に行ったのですが、出典元は、どうも写真を知り合いのサイトから勝手に使用しているようで、NAVERのそのまとめ記事は、更にその写真を出典を明記する事で使っていました。

つまり、転載の転載。

中には、4travelからの写真も

4travelは、写真の転載を禁止していますが、これを出典元を明記しているからと言って勝手に転載するって、違法じゃないのかな?と思いますが、どうなのでしょうか?

4travelは、個人の旅行記をアップ出来るサイトです。
なので、元々の写真の著作権等の権利は、写真を撮った方にある事になるかと思います。4travelにアップした時点で、4travel内で使われる事に関しては、了承している事になるかと思いますが、他のサイトで使われる事は了承していません。

私も数少ないですが、4travelに旅行記をアップした事がありますが、他のサイトで勝手に出典元4travelとして使われるのは心外です。

4travelが出典元を明記するなら使っても良いというのなら、今後、4travelには一切、投稿出来ませんし。

個人ブログの写真からも

「出典 blog.goo.ne.jp」と書かれた写真もこのNAVERまとめ記事にはありました。
これって、個人ブログの写真を勝手に引用しているわけですよ。
いうなれば

「出典 hatenablog.com」と書かれて、勝手に自分のブログの写真を使われている事になります。
これは、あきらかにアウトでしょ!
まあ、マネタイズを行っていない場合での転用は100歩譲って良いとしても、マネタイズを行うために、人の写真を勝手に転用するのは問題ですよね。
しかも、出典元が出典元になっていないし。出典名は、きちんとサブドメインまで含めたものにしないと、ブログサイトのブログの場合は問題では無いでしょうか?

無断転用指摘でも無視を決め込むサイト

無断転用を過去に私も行ってしまった事があります。
その時は、元の画像(イラスト)を書かれた方より指摘を受け、即座に削除しました。

ついつい気付かずにやってしまう事もあります。でも、そんな時はきちんと誠意ある対応で謝罪をして、許可を得るか(事後許諾)削除しないといけません。

でも、中には無断転用の指摘を受けても無視を決め込んでいるサイトもあるようですね。

 

世界のひきこもり王 ヘンリー・ダーガーの部屋写真 その特異な人生 | DDN JAPAN
無断転用疑惑
いや~、これはダメでしょ。

元ネタはこちらです。

いろんなところから回ってきたサイトの記事。DDNってよく見るけど、こんなヘンリー・... - ROADSIDERS' weekly | Facebook

ここで使われている一部の写真は無断転用という事です。
大手サイトになると、無視を決め込むというのは、実はよくある常套手段ですね。

ネットの世界でも、声小さき者の声は無視される傾向が起きているように思います。

もし、DDN JAPANさんもきちんと正規の手続きを踏んで行っているのなら、弁明すべきだと思います。

無断転用・盗撮を指摘したけど、無視された大手サイト一覧でも作ったら、結構人気出るかもしれませんね(笑)

写真の転用・転載・引用は個人的には好きでは無いです

結論は、上記の通りです。

これは、個人的に写真を撮るのが好きだからかもしれません。
転用・引用でやっているんだから良いだろ!とおっしゃられる方もいるかもしれませんが。単に個人的な見解の相違ですね。
単に、私は好きでは無いと言っているだけですから。

個人サイトで一切のマネタイズ(AdSense含む)を行っていない分なら、私は許せますが、マネタイズを行っているサイトの場合は、必ず了解を得てから使って欲しいと思っています。

確認を行ってもらえれば、このサイトの私が撮った写真は転用・転載・引用は基本的にOKですよ(^^)(アダルトサイト、違法サイト、見解があまりにも異なるサイトは除きますが)

Q&A 引用・転載の実務と著作権法<第3版>

Q&A 引用・転載の実務と著作権法<第3版>

 
無断コピー・転載を禁ず。―「著作権トラブルから人権侵害まで」広告現場は証言する

無断コピー・転載を禁ず。―「著作権トラブルから人権侵害まで」広告現場は証言する

 

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。