鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

バルブ撮影についての説明

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

なんか、左手首が腱鞘炎になりそうな鈴木です。

マウス操作ばかりって、腱鞘炎を誘発しますね。あ、鈴木は左利きです。

褒められると調子に載る癖があり、更に図に乗ってみようかと思います(^^;

f:id:suzukidesu23:20110111210530j:plain

 上の写真もバルブ撮影したものですが、浅草の雷門です。
ここがどれだけ人通りが消えないかは、行った事のある方ならよく解ると思います。

この時も真夜中と言えども割りと人はいましたよ。

バルブ撮影中に下記の図のように人が通り過ぎた場合でも、人は映りません。

f:id:suzukidesu23:20140623210023p:plain

シャッターをずっと押したままにしているので、人が通ってもその後ろの風景が上書きされていくので、動くものは基本的に映らなくなります。

ただし、止まられたり、バルブ撮影でも短い時間だと影が映り込む事はあります。

こんな感じで。

f:id:suzukidesu23:20140623210320j:plain

“上記の画像は、シャッタースピード80秒ほど”←よくわからないですけど、シャッターを1分以上開いて撮影ってことでしょうか?/追記:id:operationservicebuさん、あざーす、星の動きの撮影とはまた違うんですね(^^)

はぴらき (id:hapilaki)さん、こんな感じです。

で、星の動きの撮影というと、こんな感じのかな?と思うのですが

f:id:suzukidesu23:20100518025901j:plain

これもバルブ撮影で、何分くらいやったのかな、20分くらいはシャッター開きっぱなしでした。

北極星の位置を中央にしたつもりがズレていました(^^;

f:id:suzukidesu23:20100902222916j:plain

上記の写真もバルブ撮影ですが、60秒でした。

真昼でもバルブ撮影を行う事もあります。

f:id:suzukidesu23:20100508123844j:plain

上記の写真は480秒。

昼間だと明るすぎて真っ白になるので、そうならないようにNDフィルターという光量を減らすフィルターをレンズに取り付けて撮影します。

上記の写真はヤフオクで安く出ていたND8(ND8だと光量が8分の1になります。ND4なら、光量が4分の1に)のフィルターを確か3枚重ねで撮影しました。

8✖8✖8なので512分の1の光量になっています。

写真は中学校の時からフィルムカメラで始めたので、かれこれ30年ほどの趣味となっていますが、30年もやっている割には下手の横好きです(/_;)

プロに見せると、ケチョンケチョンに叩かれます。

今の一眼デジカメは、2010年に買ったものです。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ

 

 これが2台目の一眼デジカメです。最初は、EOS Kiss X(初代)です。

コンパクトデジカメは、今まで10台以上買っているので、実際によく解らなくなっています(^^;

まあ、これだけやっているので、いい機材を使えばそれなりに綺麗な写真は撮れますよ。でも、あくまで綺麗に見えるだけで・・・(/_;)

で、バルブ撮影は、素人がやっても時間さえ間違えなければ、それなりに綺麗に見える写真が撮れます!

これを言ってしまうと身も蓋もありませんが(/_;)

以上、バルブ撮影についてでした。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。