鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

バーベキューの食材は足りないよりは余らせた方が良い!BBQよりも楽な地獄蒸しもお薦め!

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

なんか筋肉痛の鈴木です。

なぜだ?

最近、はてなブログでバーベキュー(以後BBQ)の食材はいくらくらい買えば良いとか、そんな記事を3つほど見かけた。

BBQの出費を出来る限り安くし、材料を余らせないためにだと思うが、あまりそういう事にこだわり過ぎるとBBQは面白くなくなると思う。

BBQについて少しと、お薦めしたい地獄蒸しを紹介する。

f:id:suzukidesu23:20140628085943j:plain

材料は余っても良い

仲の悪いメンバーとBBQをするという訳では無いのなら、余った食材は、家族で参加していたり、家族がいるメンバーに持って帰ってもらえば良い。15人以上で行う規模のBBQなら、3人家族2組分くらいは材料が余っても大体持って帰ってもらえる。

問題は余る事ではなく、余った食材を捨てる事だ。これは勿体無い!

お酒だって、そうだ。足りなくて、しらけるよりは余った方が良い。
他人にあげるなんて勿体ない!と思うのなら、BBQに参加するのが勿体無いと考えた方が良い。

BBQなんて高価な食材で無ければ1人あたり食材2000円、飲み物・乾き物1000円の3000円くらいで自分の経験からすれば余る。仮に余った分を金額換算してもせいぜい1人あたり200円とか300円くらいだ。

それでしらける事なく、みんなで楽しめれば良いのでは無いかと思う。
BBQは、みんで楽しむ事が一番重要だと考える。

それでも不満が出るなら腹持ちするものを用意する

f:id:suzukidesu23:20140628090957j:plain

もし、BBQのメンバーから、それでも不満が出るようなら、腹持ちするものを多めに用意するという方法もある。焼きそばなんてものはテッパンだ!

いや、鉄板で焼くからテッパンと書いた訳では無い。この辺り、オヤジギャグだ。
ここは、ちなみに、笑うところだ。よく無視され、スルーされるが。

また、汁物を用意するというのも手だ。

f:id:suzukidesu23:20101022124504j:plain

真夏のBBQならキツイが、ゴールデンウィークや山などの暑く無い地域なら結構、人気が出る事もある。愛知県出身の自分は、以前、赤味噌で豚汁を作ったが割りと好評だった。

BBQと言えば、肉・野菜・酒 という既成概念を捨てて、いろんな食材にチャレンジするのも面白い。

地獄蒸しという楽しみ方

長野県に中房温泉という温泉宿がある

f:id:suzukidesu23:20101022120835j:plain

ここに行く時は、この宿の裏山にある場所で地獄蒸しなる野外での食事を楽しむ事にしている。

f:id:suzukidesu23:20101022122124j:plain

少しわかり辛いかもしれないが、地面から湯気が出ている。
ここは地熱を利用して、食べ物を地面の中に埋めて、蒸して調理して楽しむという事が行える。基本的に食材は持ち込みだ。

なお、宿泊者しか基本的には利用出来ないと考えた方が良い。

f:id:suzukidesu23:20100502120259j:plain

まずは食材を埋めるために掘る。

f:id:suzukidesu23:20100502120318j:plain

食材はアルミ箔で包み、ネット等に入れて土の中に入れる。

f:id:suzukidesu23:20100502120349j:plain

全部埋めてしまうと解らなくなるので、ネットの上の部分は出しておく。
なお、ネットが用意出来ない場合は着なくなったTシャツをネット代わりにしても良い。

f:id:suzukidesu23:20100502125223j:plain

肉や野菜が美味しく出来上がる!アルミ箔に包む前に味付けしてもよし、アルミ箔から出した後にタレにつけて食べてもよし。

f:id:suzukidesu23:20101022130332j:plain

ソーセージ・ウインナーはデフォルトだ!

f:id:suzukidesu23:20101022140923j:plain

さつまいもも美味しい!じゃがいもも中々、美味しいぞ!

f:id:suzukidesu23:20101023132511j:plain

不人気だったパイナップル・・・・
蒸しパイナップルだ。
蒸した後に、シナモンシュガーをふりかけて、バナーで表面を焼いた。
個人的には美味しいと思ったが、暖かい果物は好きか嫌いかが結構別れるものだ。

BBQよりも楽な地獄蒸し

基本的に地獄蒸しはBBQよりも楽だ。
火をおこす、消すという作業が無い。また、基本的にはアルミ箔で包んで地中に埋めるだけだ。

ただし、この中房温泉で行うには1つだけ問題がある。
それは、飲み物や食材という重たい荷物を持って20分くらい山登りが必要な事だ。

自分の場合は、登山を一番していた全盛期だったら、何て事は無い、20Kgだったら余裕で持ち運べた。20分くらいなら。

しかし、2年ほど登山をしなくなってから行った時は10Kgの荷物でもバテた。
年を取ったというのもあるかもしれない・・・・

飲み物がまた重たいのだ。10人くらいで行うと350ccの缶ビール換算で1人平均4本くらいは飲む。つまり1人あたりこれだけで1.5Kg近い重さのものを運ぶ事になる。
クーラーにビールを入れて、氷を入れて運ぶので実際にはもっと重たい。交代しながら運ぶのが良いだろう。1人5分くらい3人で交代しながらビールや飲料は運んだ方が良い。

温泉の蒸気や地熱を使った料理

他にも全国探せば、このように温泉の蒸気や地熱を使った調理を野外で行って食べられる場所はある。

例えば、九州 長崎県の小浜温泉

f:id:suzukidesu23:20100605121407j:plain

f:id:suzukidesu23:20100605121505j:plain

売店で野菜や魚を売っていた。

エコなBBQみないなもの

このように温泉の蒸気や地熱を使ったBBQみたいなものは、火を使わない分、物凄くエコだ!
そして、油を使わないため、とてもヘルシーだ。

この夏~秋、温泉の蒸気や地熱を使ったヘルシーなBBQみたいなものにチャレンジしてみるのも、面白いかもしれない。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。