読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

パクリメディア D2CのSmartripへ。著作権違反につき画像削除希望

ウェブサービス ウェブビジネスの裏側 パクリメディア
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

D2Cという会社をご存知でしょうか?

電通とNTTドコモが株主の会社で電通及びNTTドコモの子会社という事になりますかね。

このD2Cという会社もパクリメディアを運営しています。

smartrip [スマートリップ] | 旅行・おでかけのキュレーションメディア

ここに画像をパクられているのですが、サイトに著作権侵害の報告フォームが今までありませんでした(今週、運営会社名を削除して問い合わせフォームを設置しています)。

先週、その事をメールを送っていたのですが、返答が無いまま1週間経過したので、こちらで削除要請をしておきます。

D2Cへ、至急画像を削除して下さい。引用要件を満たしていませんし、ただの画像の盗用です。また、悪いという気持ちがあるのなら今までの画像使用料を支払って下さい。価格は下記を参照にして、メールフォームから口座等は確認して下さい。


写真の使用料はいくら?ずばり価格も公開!ブログの写真を使わせて欲しいとテレビ局から言われたら? - 鈴木です。

パクられたのは画像2枚。それほど珍しい画像でも無いし引用要件も満たしていませんので著作権違反となります。

ちなみにパクっている記事は下記の通りです。

ユニークな旅の思い出に!日本のめずらしい温泉7選 | smartrip [スマートリップ]

ウェブ魚拓


http://smartrip.jp/matome/3205.html - 2015年3月6日 13:39 - ウェブ魚拓

さわやかな空気と絶景と温泉を堪能しよう!万座温泉の絶景露天風呂7選 | smartrip [スマートリップ]

ウェブ魚拓


http://smartrip.jp/area/gunma/3154.html - 2015年3月6日 13:42 - ウェブ魚拓

上記は川原毛大滝湯の写真、下記は湯の花旅館の写真です。その写真を貼っておきます。

f:id:suzukidesu23:20150306134257j:plain

f:id:suzukidesu23:20150306134304j:plain

無視をするSmartrip

Smartrip側にはなぜ、パクリメディアを運営しているのに著作権侵害の申し出用が無いのか、そしてなぜ、出典ではなく、「Photo by」なんていう、まるで著作権者が許可をしているかのような印象を与える書き方をしているのかD2Cのサイトの「問い合わせ」から行いました。先週の時点ではSmartripには「問い合わせ」がありませんでしたからね。

本日、Smartripを見ていると運営会社は削除されて解らないようにされており、更に「問い合わせ」フォームが出来ていました。

パクリメディアを運営していているのに、会社を隠すように運営するというのは後ろめたい気持ちの現れとしか思えないのですが、D2Cという会社がそういう会社だと言う事が解ってしまう対応だと僕は理解しました。

運営会社をパクリメディアが明かさない理由として著作権についての問題が明確になった際に本体の会社に傷を付けたくないという事なのかと思います。

バレて困るようならパクリメディアなんてしなければ良いのに。

他にもD2Cが絡んでいると思われるパクリメディア

他にもD2Cが絡んでいると思われるパクリメディアはあります。

wondertrip [ワンダートリップ]|世界遺産・絶景が集まる旅の情報サイト

Amp. | 世界のスタンダードを読み解く、好奇心刺激メディア

運営者が解る記事

場所にとらわれない生き方を!私がwebメディアで目指すこと。|音楽・旅行を軸としたwebメディア運営 原田 臣さんの人生インタビュー|another life.(アナザーライフ)

この原田氏のFacebookを見るとD2Cに勤務しているという事が解ります。

運営会社を明かさないD2C

Smartrip、wondertrip,amp. この3つに共通するのは運営会社を証していない事です。

先に書いている通り、著作権違反のサイト運営をしているため問題が発生した場合には運営会社の名前に傷が付かないようにするためにわざとこうしているのだと思いますが、運営会社を明かさないパクリメディアは本質的にパクる事に一生懸命なのかな?と思ってしまいます。

世界1周をしてパクリメディア運営やパクリ記事ライターになる人々

この記事を読みました。

なぜ意識の高い人(笑)は、世界一周してしまうのか?意識の高さを偽装する人たち。 | 大石哲之ブログ

「意識高い(笑)」とあざ笑うもので個人的にはあまり良い印象を持てなかった記事ですが、最近パクリメディアの代表者やパクリ記事を書いている人のプロフィールを見ると「世界一周をした」「世界各国にいった」というプロフィールを書いている若い人が割りといるのですが、なぜ「世界」を見てまでパクリメディアの運営とかパクリ記事とか書いているのかが不思議でたまりません。

意識高い系の人が世界を見て覚える事の1つってパクリなのかな?と。

もちろん、そんな人は極稀だと思いますが、パクっている人の共通項目として多いのが気になりました。

それとも著作権なんてものは不要なものであり、そんな事にこだわっているのは小さい事だと言いたいのかな?とか考えました。

世界を見て覚える事がパクリであれば、それは悲しい事だと思いませんか?

対応が読めてしまうパクリメディア

恐らく、画像を差し替えるか記事を削除するか(見えなくするか)の対応だけで終わると思いますがキャプチャーもしておいたので、パクられた証拠としては残っています。

でも、いつもお決まりのパターンで無断で勝手に掲載され、削除等を依頼すると削除して終わりというパターンなのですが、他のパターンは無いのかな?と。

あまりにも不毛なので。

パクリメディアに掲載されないコツ

でも、パクリメディアにパクられない方法は無いのか?と考える人もいるでしょう。

右クリック禁止を仕込んでおくか画像に名前等を仕込んでおく事という方法も考えられるでしょう。

でも僕はそれらの対応が好きでは無いのでしたくは無いと考えています。

なら他にどんな方法があるかと言えば、このブログの通り、パクリメディアの悪事を書き続ける事です。

するとパクリメディア側は書かれる事を嫌って特定の人間の画像はパクらなくなりますし、場合によっては前もって画像を差し替えたりもします。

実際に、気づいていたけどわざと削除要請をしていない画像があったのですが差し替えられていました。

ね、Fine Travelさん

現在も活動を続けている火山!熊本の「阿蘇山」について - Find Travel

上記の記事で「阿蘇山中岳火口」に掲載されていた写真は元々は僕のものでしたが、いつのまにか差し替えられていました。何も言ってないのに(笑)

このパクリメディアを運営している株式会社Find Travel の代表 井出一誠氏からは以前TwitterでDMが送られてきた事があります。

そして先日、リプライを飛ばしたのですが無視されています(笑)

パクリメディアに嫌われればパクられる可能性は物凄く低くなると思います。

パクリメディアにパクられないようにするには、パクリメディアに嫌われる、これが一番でしょう。

D2Cへ

きちんと削除したら連絡下さいね。

 

以上です。ご観覧、ありがとうございましたm(__)m

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。