読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

英語が出来ない事のチャンスロス。日本伝統のものなら英語で紹介すればチャンスは広がる

所感・雑感 ブログネタ・ブログ関係・はてな
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

大学は出ているものの、現在の英語能力は恐らく英検5級にも満たないのでは無いかと思う鈴木です。

20年以上、英語に積極的に接して来なければ大学受験のためだけにした英語ではもうほとんど解りません。

そのためにここ最近、英語が出来ない事を物凄く悔やんでいます。英語なんて別に出来なくても国内で過ごす分には困らないよ~って思って生活してきましたし、確かに特別に困る事なんてありません。

しかし、ここ最近英語が出来ない事で物凄いチャンスロスをしているな~と感じています。しかもネットの世界で。

f:id:suzukidesu23:20141103165625p:plain

英語のコメントが増えてきている

温泉ブログを別にしていますが、その温泉ブログへのアクセスが今年に入ってから外国からのものが増えてきています。

iiyudane.com

同時に英語によるコメントも増えてきています。

でも、何ていう意味か解からない(^_^;)

しかし、Google先生に確認してみると、好意的なコメントが多い事が解りました。また、英語圏の人でも単語の綴りって間違えるんだなという事も。もしくはそれが新しい英単語なのかもしれませんが。

例えばこんなコメント

A perfect reply! Thanks for taking the trboule.

 これをGoogle先生に訳してもらうと

完璧な返事!を取ってくれてありがとう。

 trbouleは troubleじゃないの?とまでGoogle先生は教えてくれて訳をやり直してみると

完璧な返事!トラブルを取ってくれてありがとう。

「take the trouble」は高校の時にならったフレーズだな・・・と習った事は覚えていても意味を忘れています。

調べ直したら、「わざわざ~する」「労を惜しまず」とかそんな意味。

まあ、何となくですが僕が書いた記事で「ありがとう!」と言っているだろう事は予測出来ます。

Thanks for your thuoghts. It’s helped me a lot.

というコメントも。

Google先生に聞くと

もしかして: Thanks for your thoughts. It’s helped me alot.

と教えてくれたので、これを訳してみると

あなたの考えてくれてありがとう。それは、たくさん私を助けています。

まあ、「ありがとう」と言っているのは解ります。

コメントがつく温泉の特徴

コメントがつく温泉には何となくですが、特徴があります。

箱根温泉とか別府温泉とか物凄く有名な温泉ではなく、その地域や温泉ファンには人気だけど、日本国内全体で見てみるとそれほど有名では無い温泉となっている事が多いんですよね。

あくまでも予想ですが、有名な温泉地は日本を紹介する外国語のサイトでいろいろと書かれているのでわざわざ日本語しか無いサイトを見る必要性はありませんが、それほど有名では無い温泉というのは日本語でしか案内されていない事も多いのかな?と。

そのために日本語だけしか無いブログだけど、写真を多めにしているブログなので写真とGoogle等の翻訳サービス(翻訳アドオン)を使えば、ある程度は意味が通じるのかな?と。

もし、英語等も同時に記載したら?

もし温泉紹介のブログ等で英語等の主要な外国語も同時に記載したらアクセスって物凄く伸びるのかな?と最近思うように。

2020年まで日本は確実に注目されて訪日観光客は増加をたどるので、日本の観光地としても人気の高い温泉であれば、よりアクセスを集めるだろうな~と最近思うようになりました。

例えばはてなブログで言えば下記のブログでたまに英語の記事があります。

kyouki.hatenablog.com

英語の場合、何を書いているのははっきり言えば解りません。

勝手な推測ですが、着物も日本を伝える伝統的なもの。

リサイクル着物をしている和田氏のサイトやブログにもやはり日本をよく知りたい外国人の方が来ているだろうから、英語でも答えているのかな?と思ったり。

japan.ichiroya.com

実際にこちらのサイトを見てみると「英語表記」をしている商品も。

日本の伝統的なものは英語表記をした方がやはりより多くの人を集められるのかな?と。

こういうところで英語が出来ない事でのチャンスロスって確実にあるよな~って思いました。

日本に観光目的で来る外国の方は日本の伝統文化に興味がある人が多いので、日本に来る前にはかなり調べてくると思うのですが、そこでもやはり個人ブログって結構見られている可能性って高いと思うんですよね。

温泉、着物、和食、建築物 etc 日本の伝統的なものほど英語表記をする事でよりアクセスは集められるでしょう。

英語が出来る人は英語記事を書く事をお薦めする

という事になるんですよね。

英語は喋れなくても良いから最近は書ければ!読めれば!と思うようになりました。

例えばアドセンスを取り入れている方ならアドセンスは多くの国で実施されているので、外国で見られればその国の母国語のアドセンス広告が出る事がほとんどで、より収益化も出来るようになります。

でも英会話はいろいろな教材があるのですが、英語を読み書きするための商材って少ないんですよね。

何か良いものがあれば教えて下さいm(__)m

もしくは綺麗に翻訳してくれるウェブサービスがあればお教え下さいm(__)m

以上です。

ご観覧、ありがとうございましたm(__)m

 

これ、試してみようかな

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。