読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

オフ会をしよう!と言ったらなぜか映画祭まで行ったという話

映画・DVD・テレビの感想
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

たまには自分語りにでもお付き合うください。いやほぼいつもか(^_^;)

昔、ネットで知り合った仲間と映画祭を行ったことがあります。その映画祭を行った話をしてみます。

f:id:suzukidesu23:20150828003012j:plain

まだフレッツISDNが出る前。そもそもこのブログを読んでくれている一番多い世代だとフレッツISDNを知らない人の方が既に多いのかもしれませんね。

最高速度128kbpsという高速回線で常時接続出来る以前のお話。そんな状態だからインターネットよりもパソコン通信がまだ主流だった(と思う)時代、23時になればテレホーダイでアクセスポイントにダイヤルアップで繋ぎ、次の日仕事だというのに2時3時まで熱中してニフティのフォーラム(電子会議室・掲示板の集合体みたいなものと考えて下さい)に書き込みをしていた1997年、僕がまだヤングでナウでトレンディな20代の頃です。

 

とある映画関係のフォーラムで当時住んでいた県で同じくその県に住んでいた女性とネット上で仲良くなりました。好きな映画がかなり似通っていたこともあって。

実際に会ってさらに仲良くなりました(当時、別に彼女はいました)。

その女性は、実家が映画館だったけどもう閉館して何年も経過しているということをニフティのとある映画関係のフォーラムで書き込みをしていました。

(ニフティのパソコン通信は会員制だったので以前のmixiに似ていると言えなくもないかな。フォーラムはmixi公式のコミュニティだと思ってもらえればイメージがつきやすいかも)

その頃、僕がメインにしていたフォーラムはその県を含む地域フォーラム。その人をそのフォーラムに誘いその女性が自己紹介をそのフォーラムにしました。

実家は閉館してしまった映画館だと。

そこで僕がその映画館でオフ会とか出来たら良いですね!なんて歓迎コメントをしたのが間違いの元。

 

何故か盛り上がっていろいろな人が集まりいつのまにかただのオフ会から映画上映会となり、更に映画祭をしよう!という話になってしまい・・・・

そして何故かそのフォーラムには「言い出しっぺの法則」というものがあり言い出した人が責任者をする(通常ならオフ会くらいなのでただの飲み会の幹事をするくらいですが)ということで僕がその映画祭の実行委員長にさせられてしまい・・・・。

名ばかり実行委員長でしたが(^_^;)

本当は1998年の秋に行う予定がいろいろあって一時期は話そのものが無くなりかけたのですが、どうにか継続して1999年3月に映画祭を行いました。

スタッフは恐らく最終的に50人は超えていたかな?もうね、小さい港町だったからそこの商工会議所の人もスタッフになってもらったりして誰が誰だか最後はまったく理解出来ない状態になり。関係者だけなら100人以上になっていたし。

いつのまにかただのオフ会をする予定の話が、2日間だけ映画館を復活させる感動の親子の話になってそれがいろいろな雑誌に掲載され全国から「スタッフをさせてください!」という申し出があったりもして。映画祭にも全国から来てくれました。

(なお、その女性のお父さんが映画館の館主で閉館後も毎日映写機のメンテナンスをしていたということもあって、それを感動のストーリーに加えて)

まあ映画祭を成功させるためにそういう方向に持っていこう!とメインスタッフで話し合ってきめた部分もあるのですが。

ただ映画祭を行うにはお金がかかる訳でスポンサー集めに奔走したり自分もスポンサーになったりして。

メインスポンサーは当時のニフティサーブなりました。

映画祭当日はいろいろなトラブルもあったりしましたが結果としては成功!

とある有名な監督もゲストに呼んだりもしました。

終わった後は感極まって泣いてしまったけど人前で泣いたのはその時が最後かもしれない。

その映画祭の様子は全国区の某テレビ番組も取材に来て再現ドラマもつくられて「感動のアン◯リー◯ボー」でも放送されたけど実際の風景で僕が映ったのは恐らく0.5秒も無かった(/_;)

その時のスタッフの一部とは今でも繋がりがあったりします。

 

この映画祭は2回目以降は地元の方主導で数回続きました。

また2回目以降の映画祭スタッフが他の映画制作の協力をしたりもしています。

この映画

愛してよ [DVD]

愛してよ [DVD]

 

福岡芳穂監督作品。

何が言いたいのかと言うと

まだ若い人ならオフ会で出会って、勉強になりました!ためになりました!でたまにあって雑談をするのではなく無償でも何かイベントをしてみるとまた別の世界が生まれるよってことです。僕にとってその時の経験はかけがえのないものだったし、それが無ければ今、ブログなんてしていなかったかもしれないし。

ブログとは!マネタイズとは!アクセスアップとは!なんて表面的なことではなくもっとその仲間でしか出来ない一生の想い出に残るイベントをやってみても良いのではないでしょうか?

 

え?その映画祭で色恋沙汰は無かったのかって?

映画祭準備と仕事で忙して彼女を放置していたら、フラレました(/_;)

でもその年のバレンタインは過去最高の義理チョコをもらいましたけどね。

 

追記 地方だから生まれるコミュニティ

なお、これ東京や首都圏の話ではありません。

どえらい田舎です。本当の地方。過疎化が激しい地域でのことです。

電車なんて昼間は2時間に1本が当たり前。朝だって1時間に2本くらい。

オフ会とか東京ばかり!という前に地域に発信していますか?

オフ会したいのなら、地域に目を向ければいくらでも行われていますよ。

 

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]

 

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。