読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

グーグルの検索結果がなんか個人的に納得いかない件

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

最近、グーグルの検索結果ってなんかおかしいって思いませんか?

思いませんか、そうですか・・・・(/_;)

まあ、僕の戯言と思ってお聞き下さい。最近ではなく昔からかもしれませんが。

f:id:suzukidesu23:20150209234411p:plain

ドメインパワーが強いところが結局は上位

ドメインのパワーは以前ほどは影響しなくなったなんて、言われていますがまだまだドメインパワー全盛だな~って思います。

先日、「オーブ カメラ」というキーワードで検索をしたのですが、検索結果の1位に出てきたサイトはこちら。

デジタルカメラでまれに発生する現象 | 富士フイルム

僕が知りたかった情報は概ね、このサイトに書かれていたので問題なかったのですが、でもこの検索結果のページに「オーブ」という単語は一切使われていません。

無い単語のページが1位になるってなんかおかしくないか?と思った訳です。

仮に「オーブ カメラ」というキーワードしか知らず意味が全然解らない人がググって、一番最初に出てくるページがオーブという言葉を1つも使っていない場合って、意味が解らないですよね。

確かに富士フィルムの上記のページには「オーブ カメラ」というキーワードで検索した際に必要な事は説明されているのですが、オーブという言葉は一切出て来ないので、オーブが何を示しているのか理解出来ない状態に。

せめて1位はそのキーワードを含んでいるページにしましょうよ・・・・

長文がSEOに強くなったと言われていますが、実際に強いために起こる弊害

SEO関係の事を書いているサイトやブログを見ると最近よく書かれているのが、長文の方がSEO的に有利であるという事。

一概には言えませんが僕が検索をしている範囲では確かに検索上位に来ているものは長文が多いと感じています。

でも、単純にあるキーワードの意味だけを調べたいのに出てくるキーワードが長文ばかりで、簡単に説明をしているサイトが上位に表示されて来ないという事態も発生しています(鈴木調べ)。

被リンクが強いだけで情報が無くても上位に

被リンクは昔ほど効果が薄くなったと言われていますが、まだまだ中身の無い被リンクだけが多いものが上位に来ている事もあります。

と思えば、先に書いた通り、長文でどこに書いてあるのはよく解らないものが上位に来ていたり・・・・・

検索の工夫をしないと答えにたどり着けない

結局、検索の工夫をしないと答えに辿りつけない状況が発生してきていると最近、常々思います。

もちろん、ある程度検索リテラシーが高い人なら問題ないのですが、あまり無い人だと本当に辿りつけないキーワードも多くあるな~って最近本当に思うようになりました。

グーグルの検索性能はアップしているようで、実は単純な事を見落としていないか?と思うのですが、そんな事を思うのは僕だけかもしれませんね(^_^;)

いや、本当に最近調べたい事が書かれた記事が検索上位に来なくなったな~って思うので。

以上です。

ご観覧、ありがとうございましたm(__)m

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。