読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

事故紹介

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

昨日書いた自己紹介が思った以上に読まれていて嬉しい鈴木です。

 

祝300エントリー と 自己紹介 - 鈴木です。

調子にのって、事故紹介です。

f:id:suzukidesu23:20080128110136j:plain

 初めての事故 2007年1月

車で初めての事故は、当時福島県に住んでいて秋田県への温泉めぐりに向かう途中でした。

場所は、秋の宮温泉郷の辺り。

f:id:suzukidesu23:20070117162703j:plain

場所は上記の写真のところ、

事故をした時はもっと雪が道に積もっていて、カーブを曲がりきれずに、そのまま・・・

幸いな事に雪の壁に突っ込んだので、車もボクも無傷でした。

ただ、車が雪の中に深く入り込んでおり、自力では出す事が出来ず。通りかかった大型トラックの運転手の方が道具も持っていて、そのまま引っ張り出してくれました。ありがたやm(__)m

御礼という事で1万円をその場でお渡ししました。

JAFに加入していなかったので、普通に呼ぶともっと取られるので、安く済んだと思います。

雪道の下りのカーブはこれでもか!というぐらい減速しましょう!

2回目の事故 2008年1月

上記のような事があったので、それ以来、雪道ではかなり慎重な運転を心がけるようになりました。

が、まだ認識が甘かったようです。

f:id:suzukidesu23:20080128110136j:plain

2回目の事故で廃車となりました。

f:id:suzukidesu23:20080128082241j:plain

f:id:suzukidesu23:20080128082247j:plain

事故の原因はスリップ。

夜中に長野県に向けて新潟を走っていました。

事故の経験もあったのと初めての道だったので、スピードは制限速度よりやや遅いくらい。

トンネルに差し掛かった瞬間、車のコントロールを失い、そのままトンネルの壁に激突。

激突した後は、まだ自走出来たのですが、朝になって見てみると、かなりダメージが。自動車屋さんに聞いてみると、直すのに10万円以上はかかるという事で廃車に。

トンネルの出入り口は雪が積もっていなくても、凍結している事がよくあります。そのために突然、スリップする事も。

トンネルの出入り口の前に減速をしておきましょう。なお、後続車がある場合は慎重に減速して下さい。トンネルの出口では眩しさから前方の車が一瞬見えなくなる事もあるので、急に減速すると衝突される事もあります。

なお、こういう事故で怖いのはスリップしている最中に、急にグリップが戻ってしまう時です。グリップが戻った瞬間が壁の方向だとかなり衝撃を受けます。

幸い、シートベルトをしており、身体には怪我は一切ありませんでした。

スタッドレスタイヤ

冬場はスタッドレスタイヤを装着している方も多いと思います。しかし、スリップしてしまうと、スタッドレスタイヤも意味はありません。

スタッドレスタイヤでも過信は禁物です。

 

以上、事故紹介でした。

ご清聴、ありがとうございましたm(__)m

ね!事故紹介でしょ?(^^;

 

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。