鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

一番格好良いのは好きを書いているブログだと思った

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

ここ最近のPV・収益報告の賛否両論記事を読んでいて、僕も1つエントリーを書いたのですが、ふと自分の中で結論が出たので書いておきます。

f:id:suzukidesu23:20150620214344j:plain

結局他者との比較

結局、PV報告や収益報告をするのはエレガントでは無いとか言っている時点でエレガントでは無いと思うんですよ。

他者を貶めて自分を持ち上げている時点で。

これを書いている時点で僕もエレガントでは無いし他者との比較をしているのでどっちもどっちですが。

結局賛否両論あって答えそのものも無いし、好き嫌いなんてあるのは当然。

だから好き嫌いを書くのも良いし言い合うのも面白いし、僕は下世話な話な人間だからそういうものを見るのも嫌いでは無い。手斧の投げ合いも見ている分には面白いし。

でもどっちもエレガントとはほど遠いと思うんですよね。格好よくも無い。

格好良いのは好きを書いているブログ

ここ最近、やっぱり格好良いと思うブログって自分が好きなコト・モノばかり書いているんですよ。

これが好きだ!ということしか書いていない。恐らくその裏には嫌いなものもあるとは思うんですよね。でも好きなモノ・コトだけを書き続けているって格好良いな~とは思います。

もしくは嬉しいを書いているものは素直に良いねと思います。

他者と引き合いに出すこともなく本当の意味でエレガントだと思う訳で。

何かを引き合いに出すことが良いとか悪いとかではなく、何かと比較して自分の主張を書いている時点でエレガントでは無いんですよね(学術的なことは除く場合もある)。

もちろん過去には僕も散々他者を引き合いに出している訳なので人のことは言えないですし、自分のブログが格好良いとか思えないです。

なおエレガントでないことが悪と正義とかそういうことも無いです。面白いか面白くないかで言えば面白いことが僕には多いですし。

作られた好きと作られた嬉しいはいつかバレる・・と思う

ただ中には作られた好きと作られた嬉しいを書いているブログもある訳で、それって見ていると何となく解ってくると思うんですよ。

例えば、ポジティブなことばかり書いているけど、自己啓発書に出てくるような内容ばかりだったら「作られた好きとか嬉しい」というものが見えてきてしまい、逆に嫌悪感しか抱けなくなるし。

もちろん中には見抜けない人もいる訳で、でもそこは自分の目を養っていくしか無いんじゃないのかな・・・とは思います。

だからこそ、大切なのは見抜く目だと思います。

 

で結論を言えば本当に自分の好きなコト・モノや嬉しいコト・モノは他者の目なんて気にしないで書けば良いんじゃないのかな。恐らく自分の本当に好きなコト・モノを書いている人はあまり人の目も気にしてないでしょう。人の目を気にしている場合、作られた好きと作られた嬉しいが何となく伝わってくるし。

それがPV報告や収益のことでも。

もちろん、それが誰にでも見られる可能性があるということを考えた上で・・・と最後はいつもらしいオチをつけておきます。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。