読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

プロブロガーに言いたい事。「誇りとこだわり」は持って欲しい

ブログネタ・ブログ関係・はてな 所感・雑感
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

話題が過ぎ去った頃に書くのが好きな鈴木です。

先々週や先週に「(プロ)ブロガーは役立つ記事しか書くべきでは無い」というような論争がちょっとありました。

僕自身はプロブロガーになるつもりはありませんが、ちょっと気になったので個人的な感想・意見を書いてみます。

f:id:suzukidesu23:20141115163638p:plain

プロブロガーを自称している人に言いたい事

もしプロブロガーと名乗るのであれば(このエントリーの結論でもありますが)プロと名乗る以上、自分が書いた記事に関して「誇りとこだわり」は持って欲しいと思いました。

プロと名乗る以上、自分の成果及び成果物には「誇りとこだわり」は必要なのではないか?と思うわけです。もし、誇りもこだわりも無いのであれば、それはプロではなく、ただのお金を儲けるための手段に過ぎないと思います。

プロブロガーという職業なのか、それとも生き方なのかでも違うと思いますが、生き方なのであれば、「誇りとこだわり」は特に必要だと思う訳で。

 

 

話は少し変わります。

役立つという意味が最近よく解らない

役立つ記事を書くべき という事が言われていた訳ですが、役立つ記事ってそもそも何?と最近思う訳です。

どんな記事を書いたって、役立つ場合(人)と役立たない場合(人)があると思う訳です。それを単純に「役立つ・役立たない」っていう事がなんかおかしいと思う訳で、視野が狭すぎると思う訳です。

自分にとって役立たないと思うのであれば、そっとじすれば良いだけだし。

お笑いは役立たないという人も

例えば、お笑いなんて役立たない!という人は昔からいます。実際にお笑いが社会のどのような役にたっているかと言えば、笑わせてくれる事で気が紛れたり、明るくなれたりする場合があるので、役立っていると言える訳です。

でも、一方ではお笑いは役立たない!という人もいるわけです。

アニメや漫画なんて役に立たない!という人もいますよね。そんな低俗なものよりも小説を読め!なんて事をいう厳しい親もいたりします。

でも、アニメや漫画を読んで役立ったという人は結構います。僕は役立った事があります。

結局役立つか役立たないかは解らない

ブログにおいて、結局役立つか役立たないかは、人によって千差万別な訳で役立つ・役立たないを論じる事にあまり意味が無いと思います。

もちろん、多くの人に役立つかどうか?という視点で見た場合は少し変わってくると思いますが、多くの人とは何人以上から?と小学生みたいな事を考えてしまう事もあったり(実際にクソリプで似たような事を言われる事もあるでしょうし)。

また、それを見た人という前置きもあるわけで。

役立つ事を書くという意識は重要だと思う部分もありますし、役立つ事を書こう!と思う事は良い事だと思います。

でも、自分の目線だけで役立たない記事を書くな!とか役立つ記事を書いていますっていうのは烏滸がましいように思います。

更に脱線しますが、プロ・ブロガーではなく、普通にブログをしている人にまで役立つ事を書いた方が良いという人まで現れていましたが、恐らく視野が狭くなっているのかな?って思いました。

もちろん、アクセスが欲しいと思ってブログをしている人ならそう意識する事は悪くは無いのですが、ブログの楽しみ方って人それぞれ。アクセスを気にしないで趣味でやっている人なら良いとか最後に書いてあって、いやいや趣味でしている人の方が実際には多いんじゃないの?って思う訳です。

だからこそ、突然きついコメントを全然知らない人からもらってやめてしまう人もそれなりにいる訳で。

ブログをしている人の多くはほとんど趣味なだけだと思うけど。

逆にブログでマネタイズとかアクセスアップを心底狙っている人の方が少ないと思うのですが、どうですかね?増えてはいると思いますが。

人に役立つ事を書け!って書いているブロガーって本当に視野が狭くなっているように思う今日このごろ。

まとめ

で、結局何が言いたいかと言えば最初に戻る訳です。プロブロガーと自称する・もしくはプロブロガーを目指す人には「誇りとこだわり」を持って欲しいと思う訳で。

別にブログなんだから何書いたって良いし、役立つ・役立たないなんて人によって全然違うのだから。

ただ「誇り」も「こだわり」もなくただ書いているのなら、恐らく最終的には落ちぶれていくと思う訳です。

何に「こだわり」を出すかはプロブロガーにとって一番のテーマなのでは?

自分を出す事なのか、記事の多さなのか、お笑いなのか、ライフハックなのか、それともまったく違う事なのか、それはその人で決めれば良いだけの事ですが「こだわり」をなくしたら、プロとだけは言って欲しくないと思いました。

そして、自分にとって納得出来ない記事、自分にとってこだわりから外れた記事はプロである以上、公開すべきでは無いと思う訳です。

 

以上です。

ご観覧、ありがとうございましたm(__)m

僕にとってのブログのこだわり?プロでは無いのでありません(^_^;) 強いて言えばこだわりを持たないのがこだわりかも。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。