鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

【超初心者用】SEOというものの基本的な考え方 SEOを始める時期

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

前回、内部SEOの事について下記のエントリーを書きました。

でも、そもそもSEOに関して、何のために行うとかどういうものか細かく書いてなかったので、簡単に書いてみたいと思います。グーグルのロゴとSEOという文字

そもそもSEOって?

SEOは本来は最初にどのキーワードでサイトに集客をするか考える事が必要です。

キーワードが先にありきだと僕は考えています。

そのキーワードで検索結果の上位表示を目指すために、様々な施策を行う事になります。

その様々な施策の1つが前回のエントリーにも書いた内部SEOについてです。初心者の場合は、内部SEOはこれくらいにしておいた方が間違いが無いですよ、という意味で書いています。

中級~上級になってくるともっと複雑怪奇で面倒な事を行うようになりますが、そもそもはてなブログはそれほど内部SEOに対して行える事が少ないため、2つの内部SEO施策で良いのかな?とも考えているわけです。

SEOはいつから行えば良いのか?

ブログを書いていて、徐々にSEOという事を知ってきて、SEOっていつから意識的に行えば良いのか?という事を考えられる方もいるかと思います。

極論を言えば、本当はブログを書く前からSEOは行うべきと言えます。

ブログではありませんが、コマースサイトの場合は本当にサイトオープン前にきちんとサイト名、URL(独自ドメイン)をしっかり考えますし、内部SEOの対策を行うようにいろんな準備や設計を行います。外部SEOに関してもどのような施策を持って行うかまで考えるところもあります。

この辺りは、本場のプロに書いてもらうのが良いかもしれません。

今回は、ブログ、特に初心者向けなので実際にコマースサイト等が行っているようなSEOに関しては省きます。

まず、ブログタイトル、ブログのURLから考えるのは本当は良いと思います。

そんな事を言われても、もうブログ書き始めて1ヶ月以上経過してるよ!と思われる方が多いかと思います。

ならSEOというものを意識し始めた時から始めるのが良いと思います。

ブログを始める前なら

ブログを始める前からSEOを意識するなら、このエントリーをまずは読んでもらうのが良いと思います。

はてなブログならはてなブログのドメインでサブドメインを使うのかそれともProにして独自ドメインを使うのか。

その時に、独自ドメインにせよ、サブドメインにせよ、本来はSEOを意識してつけるべきです。

はてなブログでドメインまで意識している一番PVのあるブログは、こちら

http://cards.hateblo.jp/

クレジットカードの事をメインにしているので、サブドメインをcardsとされています。

他に本日僕が新規で立ち上げた写真ブログもSEOを意識して

http://photo-blog.hatenablog.com/

photoという言葉を入れています。

もっとこだわるのなら独自ドメインで日本語ドメインを使うという手もあります。日本語ドメインはわずかですが優位であると言えます。

例えば、ブログではありませんが、こちらのサイト

http://箱根ランチ.com/

ドメインだけを見ると、箱根のランチを紹介しているサイトに見えますが、自然薯料理のお店です(これは元々は、こちらで書かれていて知りました)

これだと、「箱根 ランチ」で検索した時に実際にかなりの上位表示となっています。

つまり、どのキーワードで検索されるか?という事を想定してドメイン及びサブドメインを考えるという事も重要になってきます。この時、メインとなるキーワードが決まっていないと決める事が出来ません。

なお、後からドメインを変更するというのは一番オススメ出来ない方法です。

もちろん、きちんと対策を行うのであれば良いのですが(301リダイレクト等、難しい話になるのでここでは省きます)。

ブログを初めて1~3ヶ月くらいでまだあまりエントリー数も無い場合なら良いかもしれませんが。半年、1年と経過している場合はそのまま使い続ける方が得策だと僕は思います。1年以上経過しているのなら、ドメインの信用度や被リンクがそれなりにあるので、変えない方がSEO的には強くなっていると言えます。

ブログタイトル

次にブログタイトルです。

ブログタイトルもSEOに関してかなり重要な要素です。

メインキーワードを含むブログタイトルにした方が良いと言えます。はてなブログは後からでもブログタイトルは変更出来ますが、これもドメインと同様、あまり行わない方が良いと言えます。

ドメインほど影響力はありませんので、思いっきって変更してしまうのも1つの手かもしれません。

ブログを始めた後からSEOを行う場合

ドメイン及びブログタイトルをつけて半年や1年が過ぎた場合、つまり後からブログの内容が決まってきてSEOの対策を行う場合、まずはメインとなるキーワードとサブとなるキーワードを決定する事が必要となります。

自分のブログにはこのキーワードで検索から人を呼ぶんだ!と思うキーワードをエントリーのタイトルや見出しタグに入れ込んでいく事でSEOは強化出来ていきます。

そして、そのキーワードを含んだエントリーを出来るだけ沢山書くという事になります。

もちろんキーワードを多く含んだエントリーや見出しタグを使うのはブログ開始前からドメインやブログタイトルをメインキーワードにしている場合でも同じです。

最近、iPhone6のエントリーを連続で書かれているブログが多いですが、恐らくは検索流入を狙って連続して書かれていると思います。

僕が最近、混浴について書いているエントリーを増やしたのも実は「混浴」というキーワードで検索流入を狙っているからです。

おかげさまで「混浴」というキーワードに対して、Googleでは1位、Yahooでも2位となっています。

f:id:suzukidesu23:20140915144646p:plain

SEOチェキより

ちなみに上記のSEOチェキを作られた方もはてなブログをされていますよ。

なぜ混浴というキーワードで1位になったか

理由はいろいろありますが、僕のブログそのものがSEOに強いブログになっている点が一番大きいと言えます。

ドメインははてなブログのドメインで元からSEOに強いという事もあるのですが、サブドメインもブログタイトルも混浴とは一切関係ありません。

でも、なぜ1位なのか。

それは恐らく被リンク数のおかげです。

現在、このブログは被リンク数が膨大な数となっています。

ある程度、SEOで意識したいキーワードをエントリータイトルにして4~10も書けば、競合が多いキーワードで無ければ恐らくかなり上位の検索結果まで持っていく事が出来ます。

 

なお、被リンクを無理やり作る事は一般的にはブラックハットSEOと見なされ、あまり良い事では無いと言う事になります。

でも、SNSのシェアも被リンクとなるので(緩い被リンクですが)、それらの数が増えていけば、当然強いサイトになっていきます。

なぜ、僕が自分自身ではてなブックマークをつけているかと言えば、それだけで効果があるからです。400エントリー書いて全部に自分ではてなブックマークをつければそれだけで400個の被リンクが出来る事になりますからね。

ツイッターやGoogle+も同じです。

この3つは自分自身で出来る事なので、自分自身で強くしていっているとも言えます。

なお、被リンクを買うという事は絶対にやめた方が良いですし、いつGoogleからペナルティをくらか解りません。自分のアカウントでSNSでシェアするくらいなら許されているように思います。

 

また、はてなブログはSNSでシェアされる以外にも被リンクを増やす方法があります。この方法をここで告知すると迷惑をかけると思うのでここでは書きません。

最初、気にせずやっていたら、あれ?これ被リンクになってんじゃん!という事に後で気づきました(^^;

SEOの効果が出るまで

では、実際にSEOを意識してSEOの成果が出るまでどれぐらいの期間がかかるのか?という事になると思いますが、上述している通り、そもそもSEOに強いサイトになっていれば、すぐに結果が出ます。

SEOに強いサイトは、被リンクが多い以外にもGoogle等の検索エンジンのクロール頻度が高いサイトである事も重要になってきます。

クロールされてインデックスされればすぐに効果は出てきます。

まとめ

SEOは気づいた時から意識しはじめる事が重要です。

でも、被リンク等が少なくて弱いサイトならまずはエントリーを沢山書いて自分ではてなブックマークやツイッターでつぶやいて被リンクを増やしていく事で強いサイトとなっていきます。

なお、意図してないキーワードで検索流入があってもそれはSEOを行っている事にはなりません。たまたまそのキーワードで競合が少なくてヒットしているだけです。

真のSEOはあくまで決めたキーワードで検索流入を行う事です。

ただし、エントリーを沢山書いていく内に意図しない検索キーワードで流入してきてくれる事があるのも事実です。

なので、SEOを全く意識しなくてもエントリー数が増えていけば自然と検索流入は増えてきます。

ブログを楽しむのならSEOにこだわるよりもエントリー数を増やす方が初心者の場合効果があると言えます。

もっとも、アクセスアップを狙うのなら、いくつか決めたキーワードをエントリータイトルに入れるようにして書いていけば自然と検索流入が得られるようになってきます。

ただし、本当に競合が多い、もしくは競合が強いキーワードでは結果が得られない事があります。例えばクレジットカード、保険、レンタルサーバー、キャッシング等。

これらで検索順位をあげたい場合は本当に覚悟して行っていかないと上位に表示される事は本当に厳しいと言えます。

参考

例えば、キーワードを決めた場合に、よく使われる名詞や副詞、形容詞を織り交ぜると効果的です。

例えば、漫画や映画、小説等の事を書くのなら

「おすすめの漫画」「おすすめの映画」と書いたり

グルメ関係なら

「美味しいラーメン」とか「絶品のとんかつ」とか自分が検索する時によく使うキーワードを添えて書くと良いと思います。

そして、グルメなら地域を入れて検索する人が多いので地域名も必ずタイトルに入れる等の工夫を行う事でSEOの対策となっていきます。

 

以上です。

ご清聴、ありがとうございましたm(__)m

SEOについて学ぶのなら、この本が一番わかりやすいですよ。僕も使っています。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

 

f:id:suzukidesu23:20140707171035j:plain

こんな風に大量の付箋をつけて(笑)

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。