読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

「千と千尋の神隠し」のモデルの1つにもなった積善館本館 。モダンなカフェ巡りも楽しい四万温泉!

旅行・温泉ネタ グルメ・スイーツ ダイエット・健康管理・美容
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

先週、群馬県の四万温泉 積善館本館に泊まってきました!

f:id:suzukidesu23:20141216172102j:plain

四万温泉 積善館は映画「千と千尋の神隠し」の舞台モデルの1つにもなった事で有名な温泉宿です。

積善館本館 レトロ感あふれる宿

f:id:suzukidesu23:20141216172109j:plain

レトロ感あふれる宿は魅力的な宿でした。

ただ、初めてで方向音痴だと思う人は館内で迷子になるかも?と思うくらい複雑な作りになっています。

f:id:suzukidesu23:20141216172058j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216172059j:plain

泊まった部屋は8畳と3畳の部屋がある和室。ふすまがよく外れるほどボロいですが、それがまた味になっています。

f:id:suzukidesu23:20141216172104j:plain

タイムスリップしたかのような建物で中を見学するだけでも楽しかったです。

f:id:suzukidesu23:20141216172106j:plain

浪漫のトンネルと呼ばれる積善館の本館と山荘と呼ばれる棟を結ぶトンネル。

これも千と千尋の神隠しの中で出てきたそうですね。

建物に関してはこちらに詳しくまとめてあります。


「千と千尋の神隠し」のモデルの1つにもなったレトロ感あふれる温泉!四万温泉 積善館本館【群馬県の温泉】建物編 | いい湯だね!温泉旅行Hack

大正ロマネスクの「元禄の湯」と清々しい「杜の湯」

元禄の湯

積善館というと「元禄の湯」が有名ですよね。

f:id:suzukidesu23:20141216172147j:plain

*撮影許可をとって撮影しています

5つの湯船が並んだ元禄の湯は大正ロマネスク調の情緒あふれる温泉でした。

3回入りましたが、合計で2時間以上はお湯の中にいましたね。

f:id:suzukidesu23:20141216172148j:plain

でも、積善館に宿泊した場合、上記以外にも温泉は4つあります。

杜の湯

f:id:suzukidesu23:20141216172127j:plain

積善館 佳松亭には露天風呂もあり清々しい空気の中入浴する事が出来ました。

季節外れで更に平日という事もあり貸切状態で入浴する事が出来たのはラッキーでしたね。

山荘の湯

宿泊者なら無料で空いていれば入れる貸切風呂もありました。

f:id:suzukidesu23:20141216172117j:plain

湯船が2つあり、広々としています。

混浴の岩風呂

そして積善館本館にはもう1つ温泉があります。

f:id:suzukidesu23:20141216172131j:plain

岩風呂と呼ばれる混浴の内湯。

ただし、宿泊の場合なら女性専用時間もあるので女性も安心して入れます。

他に、「積・善」という有料の貸切風呂がありましたが今回は入りませんでした。

f:id:suzukidesu23:20141216172115j:plain

温泉に関してはこちらの詳しくまとめてあります。


「千と千尋の神隠し」のモデルの1つにもなったレトロ感あふれる温泉!四万温泉 積善館本館【群馬県の温泉】温泉編 | いい湯だね!温泉旅行Hack

湯食同源 積善館本館の食事

積善館本館の食事は湯治用の食事にもなっているため、身体にも良い食事となっています。

f:id:suzukidesu23:20141216172158j:plain

上記が夕食です。ご飯と味噌汁はお代わり自由になっていました。

お弁当箱用な入れ物に入れられたおかずがここの特徴です。

f:id:suzukidesu23:20141216172202j:plain

そして朝食。こちらも身体に良さそうなものばかり。

湯治で3泊ぐらいしてゆっくりとしてみたいものです。ダイエットにも良さそうですし。

積善館本館の食事についてはこちらに詳しくまとめてあります。


「千と千尋の神隠し」のモデルの1つにもなったレトロ感あふれる温泉!四万温泉 積善館本館【群馬県の温泉】食事編 | いい湯だね!温泉旅行Hack

積善館はチェックインが14時でチェックアウトが10時なので最大で20時間滞在出来る宿となっています。13時45分くらいに宿に行ったら、もうチェックインしても良いと言ってくれたので丸々20時間、積善館本館に滞在していました。

今回はデジタルデトックスも兼ねていたので、本当にのんびりとする事が出来ました。

四万温泉街巡り

四万温泉に行ったのは今回で2回目ですが、温泉街を見るのも面白くなっています。

f:id:suzukidesu23:20141216171945j:plain

バスが時折通る道。バスで四万温泉に来られる方も割りといるそうです。のんびり電車とバスで行くのも楽しそうですね。

f:id:suzukidesu23:20141216171946j:plain

四万温泉の観光案内所。四万温泉という文字がなんか格好良いんですよね。

塩之湯飲泉所

温泉街を歩いているとひっそりとあるのが塩之湯飲泉所。四万温泉は飲泉も出来る事で知られています。苦いですが、これを飲んだ翌日は快便でした!(笑)

f:id:suzukidesu23:20141216171948j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216171950j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216171949j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216171952j:plain

まるたか商店 カルタ

f:id:suzukidesu23:20141216171954j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216171953j:plain

まるたか商店というお店?があり中を見学出来るようになっていましたが、観光地に行くとよくある顔だけを出すパネルもありました。

f:id:suzukidesu23:20141216171956j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216171957j:plain

カルタが展示されており、また四万温泉の歴史についても少し書かれていました。

ちょっとお洒落な柏屋カフェ 温泉マーク カプチーノ

f:id:suzukidesu23:20141216171947j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216172008j:plain

温泉街にあるちょっとお洒落なカフェ 柏屋カフェ。

f:id:suzukidesu23:20141216172009j:plain

温泉マーク カプチーノが気になって入ってみました。

f:id:suzukidesu23:20141216172006j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216172007j:plain

1階はお土産屋さんスペースも兼ねています。

f:id:suzukidesu23:20141216172000j:plain

f:id:suzukidesu23:20141216171959j:plain

2階の席の方が暖かいという事で2階に案内されました。もちろん、頼んだのは温泉マークカプチーノ

f:id:suzukidesu23:20141216172002j:plain

温泉マークになっていますね!

f:id:suzukidesu23:20141216172003j:plain

嫁が飲んだのはこちら。この模様の珈琲も最近は増えてきましたよね。

変わった珈琲が飲める おきなや あんこ珈琲

f:id:suzukidesu23:20141216171939j:plain

お土産屋さんとカフェが一緒になっているおきなや さん

ここではあんこが入っている「あんこ珈琲」を飲む事が出来ます。まるで名古屋人向けのようなメニューですって、さすがに名古屋人でも珈琲にあんこを入れる人は稀だと思いますが。

f:id:suzukidesu23:20141216171936j:plain

見た目は普通の珈琲です。

でも、割りと美味しいんですよね、このあんこ珈琲。

他にも共同浴場や足湯もあって楽しめる四万温泉。

都心からでも渋滞していなければ車で3時間くらいで到着します。

1度、訪れてみてはいかがでしょうか?

 

以上です。

ご静聴、ありがとうございましたm(__)m

積善館をじゃらんでチェックするicon

あなたにも教えたい四万温泉

あなたにも教えたい四万温泉

 
草津・伊香保・四万 (楽楽)

草津・伊香保・四万 (楽楽)

 

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。