読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

地方から首都圏の大学進学で学費もすべて自分で賄うというのは既に崩壊しているのかもしれない

所感・雑感 時事ネタ・ニュース
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

以前、下記のエントリーを読みました。


大学の学費って、こんなに高くなっていたんだ・・・と思った次第です。

そして、これも見ました。

なるほど!と思ったので書いてみたいと思います。

 

大学の学費は高いし異常なほど値上がりしている

僕が大学生をしていたのは1990年代前半です。通っていた大学は都内の某私立大学でしたが、学費は年間確かもろもろ約40~50万円でした。

今、その大学の年間の学費を調べてみると、100万円を超えていました。

え?倍以上も値上がりしているんですね。驚きました。これは経済的な理由で進学できない人が増えるのも当然ですね。

平均給与は落ちている


これを見てみると、平均給与ってかなり落ちているんですね。

給与は落ちているのに学費は倍以上上がっている、もちろん給与は平均なので一概には言えない部分はありますが、経済的に進学を諦める、大学を中退する人が増えているのもよく解ります。

昔は良かった事はある意味確か

僕の場合、実家が貧乏でとても大学なんて行ける家庭ではありませんでしたので、奨学金(返済あり)とバイトで賄って親からの仕送りなしで卒業しました。

授業料は奨学金だけで賄えましたが、今の私立の大学の場合、奨学金だけでは賄えないのでは?と思います。

僕は育英会(名前変わっているんですね(^_^;))の奨学金ではありませんでしたが、調べてみたら、日本学生支援機構の奨学金だけで私立の場合、カバー出来ない状態なんですよね(無利子の場合)。

国公立なら確かにカバー出来るのですが、行きたい大学、行ける大学が国公立とは限りませんからね。

これを見ると、昔は良かったと確かに言えますね。

アルバイト代

僕が大学に入った時、バブル経済は終わった直後でした。終わった直後のためまだまだアルバイト代というのは今に比べれば良かったものが多かったと言えます。

時給1000円以上のアルバイトなんて、都内ならゴロゴロありましたからね。

学生と言えば、飲食店でのアルバイトが僕の頃は多かったのですが、最近は飲食店のアルバイトが不足しているという事で僕の時代よりも飲食店のアルバイト代はアップしていますが、それでも1~2割程度しかアップしていません。

20年前と今で1~2割しかアップしていないのに、学費は倍以上値上がりしている状況となっています。

アパートの家賃

地方から首都圏の大学に進学して1人暮らしを始める場合、アパートを借りる事が一般的だと思いますが、アパートの家賃は20年前と差が無いですね。

20年前、都内1ルームで安いところで6万円、今も概ねそれぐらいなんですね。

でも、給与の平均が下がっているという事は親の仕送りは減少傾向にあると思うので、相対的には値上がりしていると言えるのかもしれません。

飲食代

学生時代によく食べたものと言えば牛丼。当時吉野家の並が400円でした。今は290円となっており、価格は安くなっています。

でも、他の食べものに関して言えば値上がりしていますよね。ラーメンも20年前なら500円くらいで結構食べられましたが、今は600円とか700円なんて当たり前です。

普通にスーパーで食品を購入するにしても値上がりしているものが非常に多いと言えます。

まとめ

光熱費とかも書こうかと思いましたが、今回は省略します。

その上で上記に書いた事から、大学進学は本当に一握りの人しか難しい世の中になっているように思いました。特に地方から首都圏の大学に進学して1人暮らしで親からの仕送り無しで過ごすとなると、かなり厳しいですね。

もちろん、やってやれない事は無いと思いますが問題は卒業後に重くのしかかる奨学金の返済でしょう。

私立で授業料を奨学金で賄った場合、卒業後に400万円近い借金を背負う事になる訳で、無利息とは言え、給与平均が下がって且つ昇給も少ない今は返済しきるまで結婚も難しいのでは?と思います。

僕の場合卒業後にのしかかった奨学金の借金は200万円でしたので15年返済で毎月1万円ちょっとだったので大丈夫でしたが、これが2万3万もあるとかなり厳しいでしょうね。

親が授業料だけでも出してくれるのなら、地方から首都圏の大学への進学の場合、自分だけでどうにかなりそうですが、これは文系だからというのもあると思います。理系の場合だと授業料はもっと高くなりますし、ゼミ等も大変だと思うのでアルバイトをしながら行うというのは並大抵では無いでしょうね。

そして、奨学金ももらわず自分で学費も稼いで地方から来て1人暮らしで大学を卒業する事はまず無理でしょう。

月間の生活費はどんなに切り詰めても家賃を含めれば10万円近くはかかります。更に授業料を考えれば私立なら毎月10万円近く貯めないと無理でしょう。そうなると20万円毎月稼ぐ事になりますが、大学に行きながら20万円をアルバイトで稼ぐのはかなり厳しいと言えます。税金が引かれる事を考えれば22~23万円を稼がないと無理という事になりますからね。他にもかかるお金はいろいろとありますし。25万円稼がないと無理ですね。

地方から来て親の仕送りなしで大学を卒業するというパターンはほぼ崩壊しているのかもしれません。

もちろん、やってやれない事は無いですがそうなると大学とアルバイトのみの生活となり、せっかくの若い時のいろいろな経験というものが出来ないのはその後の生活に深みを持てないと思います。彼女も欲しいしね(笑)

でもお金の心配を常にしながら、そんな生活をしていたら病気になりそうですし、実際に病気になったらアウトですね。

 

世知辛いな~

 

以上です。

ご静聴、ありがとうございました。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。