読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

【トレンドキーワード】と【Google AdWords】 キーワードプランナーについて

Google Analytics実験 ウェブマーケティング ブログネタ・ブログ関係・はてな ウェブサービス
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

最近人気のこのブログ

 

凡夫じゆうちょう

この著者である異生凡夫 さんから、僕のエントリーにこんなブコメが

そういえばトレンドキーワードってどう調べる?

という事で、全部ではありませんが一般的なトレンドキーワードの調べ方について書いてみたいと思います。

ダンボー悩む

 Googleトレンド

トレンドキーワード=今、どんなキーワードが検索されているか見るのならまずここだと思います。

 

Google トレンド

トレンドキーワードってどこで調べるの?と言われたら、ここをオススメする人がかなり多いように思います。ただ僕はここよりもYahoo!で調べる事の方が多いですね。

 Yahoo!検索データ 急上昇ワードピックアップ

Googleではなく、なぜヤフーなのか、理由は簡単でヤフーユーザーの方がクリック課金型広告をクリックしてくれる傾向が高いから(^^;

グーグルとヤフーでは検索されるキーワードが異なる傾向があるので、Yahoo!を利用する事が多いです。

 

急上昇ワード ピックアップ - Yahoo!検索データ

ついっぷるトレンド

僕もツイッターは最近始めたばかりなので、ここ以外にも良いところがあるのかもしれませんが、ツイートのトレンドを見る事が出来るサイトです。

 

ついっぷるトレンド|Twitterで【いま】盛り上がってる話題は?

kizasi.jp

最近知ったところです。有効性がどれぐらいあるか解りませんが、参考にはなるのかな?と思って見ています。

 

kizasi.jp:ブログから、話題を知る、きざしを見つける

テレビ番組表

基本的に上記でトレンド・キーワードを調べても既にトレンドになっているので検索上位に行くのは難しいと言えます。

なので、少しキーワードを変更させたりするのもポイントかもしれません。

例えば

「ペンギンアップデート3.0」ではなく

「ペンギンアップデート3.0」とか

僅かな差ですが、多少なりともアクセスアップは出来るかもしれません。

(厳密にはGoogleは、半角全角を同じように認識するのですが、3.0と入力した人に、3.0と記載したものを優先的に表示する事が多いです)

ただ、トレンドになったキーワードよりもトレンドになるであろうキーワードを先取りした方が良いと言えます。

その時使うのが、テレビ番組表。

人気のテレビ番組の内容から、こんな事が放送されるのでは?とか予告から想像出来るものを最初から書いてしまうという手があります。

ただし、トレンドキーワードでブログを書く場合

瞬間的にはアクセスを稼げるかもしれませんが、ブームがさればほとんど需要が無くなるのがトレンドキーワードです。

トレンド且つ年間で需要のあるキーワードを見つけて書いた方が良いと言えます。

では、年間で需要のあるキーワードってどうやって探すのか。

また自分が書こうとしているエントリーのキーワードの需要はどこで調べるのが良いのか?という事になりますよね。

ここはやっぱりグーグルさんの力を借りるのが一番です。

Google AdWordsのキーワードプランナーを使う

Google AdWordsは、グーグルで広告配信を行う時に使うものですがキーワードにどれぐらい需要があるのかも調べる事が出来るものです。

Google AdWords - Google のオンライン広告プログラム

 実際に、Google Adowordsにまず申し込む必要性がありますが至極簡単です。

1.Google AdWordsのサイトへGoogleにログインした状態で行く


上記のサイトへ行きます。

グーグルアドワーズログイン画面

右側にメールアドレスとパスワードが入っていると思いますのでそのまま「ログイン」を行います。

2.必要事項を入力・確認する

下記の図のようになっているので必要事項を入力・修正して「保存して次へ」をクリックします。

グーグルアドワーズ入力画面

 これで登録は完了です。

次にキーワードプランナーの画面に遷移します。

3.キーワード プランナーに移る

 上部のメニューの「運用ツール」から「キーワードプランナー」を選びます。

キーワードプランナーへの移り方

すると、下記画面に遷移します。

キーワードプランナー オプション選択画面

ここで赤枠の「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を選びます。その下の「キーワードの検索ボリュームを取得、またはキーワードを広告グループに分類」でも構わないのですが、僕は最初の項目の方が見やすいのでそちらを使っています。

4.調べたいキーワードの検索ボリュームを調べる

下記の画面に遷移するので、調べたいキーワードを一番上の赤枠の欄に入力します。

他は入力しなくても構いません。そして一番下の「候補を取得」をクリックします。

キーワードプランナー候補のキーワードの入力画面

5.検索ボリューム・キーワードを知る

すると下記の図の通り、関連キーワードを含めて年間の検索ボリュームや月間平均の検索ボリュームが解ります。

キーワードプランナー キーワード検索結果画面

 上記で注目するのは、やはり月間平均検索ボリュームですね。これは小さいのなら、書いてもあまりヒットしません。

でも珍しいキーワードでニッチに攻めるという手法もあります。

僕は、この辺りは専門家では無いので、僕が行っている範囲の事だけしか書いてません。専門家の方からすると異なる可能性は多大にありますが、参考にはなるかと思います。

でも、ブログの目的によっては重要なのはキーワードでは無い

ブログでアクセスアップやマネタイズを目的にしているのであれば、ここまで行うのも良いかもしれませんが、普段僕がはてなブログに書く時はここまで意識していませんし、ここまで意識して書いていると時間が膨大にかかります。それに次第にこんな事を意識して書いているとつまらなくなるのではないのかな?と思います。

もちろん、企業ブログなんかではしっかりと行った方が良い場合もありますが個人ブログでブログを楽しむ場合なら、こんな事はしなくても良いと思います。

それよりは、自分にとって面白いものを書くか、人を喜ばせたいのならその事を意識して書いた方がよほど面白いブログになると思います。

(追記)

その上でキーワードは後からついてくるモノと考えた方が気楽にもなるし、楽しいのではないか?と考えます。

(追記以上)

個人の考え方次第なんでしょうけどね。

以上です。

ご清聴、ありがとうございました。

いちばんやさしいリスティング広告の教本 人気講師が教える利益を生むネット広告の作り方

いちばんやさしいリスティング広告の教本 人気講師が教える利益を生むネット広告の作り方

 

 よりGoogle AdWordsについて知りたい場合で初心者の方は上記の本が一番解りやすいと思います。僕も買っています。

いちばんやさしいリスティング広告の教本

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。