鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

ブログという主語の大きい言葉で行われる強い主張について

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

ここ最近、ブログは続けるのが良いとか、ブログで勝つとか、なんか本来のブログからかけ離れた主張が多いように感じますが、いかがお過ごしでしょうか?

ブログ名を「鈴木でした」に変更した方が良いと言われた鈴木です。

先日、こんなことをつぶやきました。

 そもそもブログなんて、Web-LogからブログになったものでWeb上にログを残すという意味合いでしたが、なんか勝手に「ブログとはこういうものだ!!!」という主張が多くなっているように思います。

Twitterで呟いた通り、ブログなんて書きたい時に書けば良いものだし、1年に1回しか更新しなくてもそれはそれで良いんじゃないですかね?

f:id:suzukidesu23:20170204012321j:plain

ブログを毎日書く必要性

僕は現在ほぼアフィリエイトによる収入で生活しています。収入の9割以上はアフィリエイトによるものです。

それが仕事だからかなりの頻度でブログを更新しています(このブログではなくアフィリエイト用のブログで)。

更新と言っても新たに記事を書くだけではなく、過去に書いたものを書き直す(リライト)ことだけで終わる日もあります。

つまり僕みたいに仕事である人なら毎日では無いにせよ、高頻度で更新をしていく必要性があります。Webの世界は次々と競合が出て来るし、代替えのものが出てくるので、更新をしないということは収入の縮小に繋がることが多々ありますから、続けるしか無い訳です。

でも、趣味や何となくで続けている人が高頻度で更新をしないといけないでしょうか?

いや、しなくても良いですよね。

ブログは続けたものが勝ちという意味不明な主張

ブログは続けたものが勝ちという主張をする意味不明なブログ記事がありました。

何に勝つのか謎です。

何と戦っているのか聞いてみたのですが、答えてくれませんでした。

そのブログでは固定読者のために更新する必要性があると書いてありましたが、固定読者のためにブログを行っていたらブログって続かないと思うんですよね。

何より固定読者のために行うとブログの目的が固定読者獲得になってしまい、承認欲求が肥大化して、承認欲求が溢れ出した記事になっていって、つまらないブログになっていくように僕は思います。ある意味、面白い時もあるのですが、それは見世物としての面白さになっていくことが多いかな?と。

で、ウォッチャーがついていくという流れはありますよね。

ファンを集めるつもりが実はウォッチャーばかり集めていることもあったりなかったり。はてなブログで1000人読者がついたら1~2割はROM専用のウォッチャーだと思っていた方が良いと思います、ファンではなくて。

ブログの目的さえも無くて良い

ブログを行う際に、目的はあった方が良いとは僕も思います。

でも、目的も無く何となくで書いていても良いと思うんです。

書きたいと思った時に、書きたいことを書くというスタイルでも良いと思うんですね。

目的もなく続けている内に目的が生まれることもあるでしょう。

その時になって始めて自分のブログのスタイルはこういうものだと決めても良いんじゃないですかね?

ブログという主語はデカい

まあ大抵ブログを続けた方が良いとかいう主張をする人のいうブログは

  • ファンを獲得するためのブログ
  • 収益化をするためのブログ
  • 承認欲求を満たすためのブログ
  • セルフブランディングのためのブログ

であることが多いと思うのですが、すべての人がそういう目的のためにブログをしている訳じゃないですよね?

日記でブログを書いている人もいます。

そんな大きな主語でブログを語るのではなく、きちんとどういうブログなら続けた方が良いかきちんと説明した方が読む人に刺さると思うのですが・・・・

主語がデカいのは炎上しやすいですし、言いたいことも全く伝わらなることが多いので、主語はきちんと絞って書くべきだと僕は考えます。

まとめ的な

で、ブログなんて好きにすれば良いもので、他人を気にしても良いですし、しなくても良いものです。

ただブログは続けなければいけないという同調圧力にかられて続けていると本当にブログがつまらないものになるので、まずは気楽に書くのが良いのではないでしょうか?

ブログを楽しむことが出来ない人もいると思うので、自分にブログが向いてないと思えば、やめることも考えて良いと思います。

ただし、ブログで収益化を目指すのなら続けることをおすすめします。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。