読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

ホタル鑑賞で気をつけたい温泉宿のことと、お薦めのホタルを見る事が出来る宿(遠いけど)

旅行・温泉ネタ カメラ・写真
PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

もうそろそろホタルの季節。あと1~2週間もすれば九州からまずはホタルが見られるようになると思います。

各宿泊サイトでも「ホタル鑑賞プラン」の特集が組まれてきています。

でも、気をつけた方が良い事をご紹介します。

壁湯温泉 ホタル

ホタル鑑賞プランで気をつけたい事

ホタル鑑賞プランを過去に何回か利用した事があります。その経験から気をつけた方が良いな、という事を説明します。

必ず見られる訳では無い

ホタル鑑賞プランとして予約を受けている旅館やホテルのプランでも、必ずホタルが見られる訳ではありません。

例年この時期になら見られるはず・・・という事で受けている事が多いので気候が例年通りで無ければ見れないなんて事もよくあります。

今年は桜も全国的に早く北東北でもゴールデンウィーク前に散ってしまって思ったよりも観光客が伸びなかったという話も聞きました。

であればホタルも今年は早まる傾向があるかもしれません。

また、雨だったりするとツアーそのものが中止になる事も。

僕の場合は数年前に知人の結婚式に参加するため京都まで行く事が6月にあり5月に宿泊予約サイトでホタル鑑賞プランを予約しておいたのですが、実際に行ったらその年は例年よりも気温が低くてまだホタルが全然いない状況だったという事がありました。

ツアーは先着順の場合がある

宿としてホタル鑑賞ツアーがあってもマイクロバス等でホタルを見る事が出来るところまで案内するというプランも数多くあります。

ツアー込みのプランなら良いのですが、チェックイン時に先着順という場合もあり、人気の宿だとちょっと遅く行くとツアーに行けないという事もあります。

チェックイン時に予約の場合は早めに宿にチェックインしておく事をお薦めします。

またツアーで観に行くよりも、出来れば徒歩で数分で見る事が出来る宿の方が落ち着けると思います。

渓流にはホタルは滅多にいない

ホタルは水の綺麗なところにいるから渓流の見られる温泉宿ならホタルも見られると思う方がいますが、まず見る事は出来ないでしょう。

というのもホタルは流れの速いところではなく、やや流れの緩やかな場所にいる事が多いので。

渓流を見る事が出来る=ホタルを見る事が出来る訳では無いので気をつけて下さい。

写真を撮りたいなら事前に撮影方法とマナーをチェック

ホタルを撮影する場合にフラッシュを炊く人がいるのですが、周りに人がいると睨まれる事も多くあります。というよりもフラッシュを炊いて撮影しても綺麗に撮影出来ません。フラッシュを炊く事がマナー違反にもなっています。

スマホのカメラだとまず綺麗に撮影出来ないでしょう。

フジフィルムのサイトで良いものがあったのでリンクを貼っておきます。

fujifilm.jp

上記のサイトでもオートフォーカスではなくマニュアルフォーカスを薦めていますが、夜の暗いところでマニュアルフォーカスに慣れていない人だとピントを合わせるだけで苦労します。

一眼レフでマニュアルフォーカスに慣れていない人ならある程度被写体まで距離がある場合(20メートルくらいかな、10メートル以上は欲しいところです)、無限遠にピントを合わせて誤魔化すという方法もあります。

f:id:suzukidesu23:20150509211625j:plain

無限遠とは上記の写真の通り無限のマークにする事です。あくまでもマニュアルフォーカスに慣れていない時で誤魔化す時のための対応ですが。

もちろん、いつもよりはピントは甘くなりますが、物凄いピンぼけにはなりにくくなります。一番上の写真も無限遠に合わせて撮影しています。昼間にチェック出来なかったので。

本当は昼間に撮影場所を決めて焦点距離を記録しておくのが良いのですが、旅先だとそうも行きませんからね。

お薦めのホタルを見る事が出来た温泉宿

今まで泊まった温泉宿(とは言えないところもあるけど)でホタルを見る事が出来たお薦めの宿を紹介します。

大分県 壁湯温泉 福元屋

ここは夏場にお薦めしたい温泉宿で温めのお湯で、ご飯も美味しい宿ですが例年だと5月下旬から6月上旬にホタルを見る事が出来る温泉宿です。

f:id:suzukidesu23:20150509205112j:plain

メインの露天風呂は川が目の前にあるのですが、ここではホタルはあまり見られません。

f:id:suzukidesu23:20150509205113j:plain

メインの露天風呂とは別に小さい露天風呂があり、ここからだとホタルも見る事が出来ました。

f:id:suzukidesu23:20150509205110j:plain

上記の写真は実際には露天風呂から出て数メートル先に移動して撮影したものです。

実際には宿の方も案内してくれますが一旦宿から出て200メートルくらい歩いたところが一番綺麗にホタルを見る事が出来ます。

f:id:suzukidesu23:20150509205111j:plain

宿の方曰く、全盛期の半分もホタルが居ないという事でしたが、上記くらいには見る事が出来ました。

壁湯温泉 福元屋(じゃらん)

壁湯温泉 福元屋(日本秘湯を守る会)

岡山県 足温泉 足温泉館といづみ家

湯原温泉郷の1つ、足温泉。いづみ家さんという宿があります。

f:id:suzukidesu23:20150509205114j:plain

ここには温泉はなく、町営(市営?)の日帰り入浴施設に入りに行くという外湯を楽しむようになってます。

f:id:suzukidesu23:20150509205115j:plain

f:id:suzukidesu23:20150509205118j:plain

露天風呂もあり、それほど混む事も無いのでのんびりと入る事が出来る温泉という印象です。

このいづみ家さんの前に橋があり、その辺りからだとホタルを見る事が出来ました。

f:id:suzukidesu23:20150509205117j:plain

f:id:suzukidesu23:20150509205116j:plain

宿の方曰く、全盛期の半分以下、1/3も居ないという事ですがそれでも100匹以上は居たと思います。

足温泉 いづみ家(じゃらん)

ホタルを観に行こう!

他にもホタルを見る事が出来た宿もあるのですが、お薦め出来るとしたらこの2箇所です。というよりもホタルを見る事が出来る季節にあまり温泉に行ってなかったという事もありますが(^_^;)

ただ、数百匹、数千匹のホタルが乱舞する景色は本当に素敵です!

是非、ホタルを観に行かれる事をお薦めします。

また各宿泊サイトでもホタル鑑賞プランを展開しているので、「きをつけたい事」を参考にして見て下さい。

じゃらん ホタル鑑賞

一休 ホタルに出会う夜

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。