読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

ブログで稼げない人は「広告主のランディングページとエントリーフォームをチェック」してないんじゃない?

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

先日書いた記事が思いの外読まれていてびっくりしている鈴木です。

でも何となく難しいし難しく感じると言われたりもしました。

ということでブログで稼ぐために初心者の方へ、アフィリエイトの案件の選び方で僕が実践していたことを説明していきます。

どんなことかと言えば、アフィリエイトの報酬単価の高いものばかり選んでいても全く稼げないという方向けに、是非抑えて欲しいポイントである広告主サイトのランディングページとエントリーフォームについてです。

結論から言えば、広告主のランディングページとエントリーフォームは必ず目を通してくださいってことです。この2つを見て試して書くことで飛躍的に報酬がアップしていきます。

f:id:suzukidesu23:20170216005309j:plain

ランディングページとエントリーフォーム・LPOとEFO

Webマーケティングを学んだことがある人ならLPO及びEFOという言葉を知っている人も多いと思いますが、ブログだけを行ってきた人だと知らない言葉かもしれません。

  • LPO=ランディング・ページ・オプティマイゼーション
  • EFO=エントリー・フォーム・オプティマイゼーション

という意味になります。

LPOについて

ランディングページオプティマイゼーション、もう少し分かりやすく言えば、ランディングぺージ最適化と言えます。

ランディングページはサイトにたどり着いた時に最初に表示されるページのことです。

この時に検索から来た人やSNSから来た人、広告から来た人に合わせてそれぞれ最適化したページを出しましょうという考え方があります。

またよりコンバージョンしやすいように分かりやすく、購入・契約に至るように様々な工夫を凝らします。

このようにランディングページを最適化していくようにすることをLPOと言いますが、今回説明するランディングページは自分のブログではなく、ブログに張ったアフィリエイト広告からたどり着くページのことです。つまり広告主のサイトということになります。

EFOについて

ネットショップでもサービスの申込みでも、申込む・購入する時は自分の名前や住所等を登録しますよね。登録するフォームをエントリーフォームと言います。

そしてエントリーフォームでいろいろと入力させようとすると途中で面倒臭くなって「もう要らない!」と思って入力を途中でやめてしまう人もいます。

そういう人が少なくなるように少しでも入力するところを減らしたり、入力しやすいように最適化していくことをEFOと言います。

こちらも自分のブログではなく、広告主のサイトということになります。

ランディングページ、見てますか?

アフィリエイト初心者の方だと広告主のサイトのランディングページを全く見ないで記事を書いている人もいます。

これ、ダメです。

まず実際にどんなランディングページになっているかチェックしてください。

例えば「にゃんきゅっぱ」で有名なあるサイトのランディングページを見てみましょう。

www.ymobile.jp

このページを見て、あれ?と思う人もいます。それは何か?

(この記事を書いた当時のことです)

2万円・1万円還元中と書いてあるのに、いつどのタイミングでもらえるのか書いてありません。

これを不思議に思う人って少なからずいます。

そこでこの記事にアフィリエイトリンクを設置する場合、きちんと自分のブログで2万円・1万円の還元の詳細及びいつどのタイミングでもらえるのかきちんと説明しておくと、ランディングページを見た時に安心して契約してくれることになります。

よく分からないと分からないから別のところで契約しようとか、直接店に行って聞こうとかすぐにアクション(この場合は契約)をしてくれなくなります。

でもランディングページを見て、このページを見た人はどこに疑問を感じるんだろう?と真剣に考えて、足りない部分・不安に思う部分についてきちんと説明をすることで、すぐにアクション(契約)をしてくれることがあります。

でもランディングページをしっかり見なければそんなことを考えずに

2万円・1万円が還元されてお得です!

という文言だけで終わってしまいます。

ランディングページで足りない情報を書くことでよりCVRは高くなります

「所詮、アフィリエイトでしょ?」という人もいますが、アフィリエイト用の記事って広告主の情報だけでは足りないことをきちんと補完してあげることで価値が出る訳です。

稼げて無いという人は1度、ランディングページを見て足りない情報を書くようにしてくださいね。CVRがかなり上がりますから。

エントリーフォームを見て諦めることもある

エントリーフォームもあまりに面倒だと途中で契約をやめる人がいます。

僕が一番最初にアフィリエイトを始めたジャンルは国内旅行系です。

で国内旅行のジャンルのアフィリエイトを始めてしばらく経過した時に、凄く報酬単価の高い案件を見つけたんですね。

それでその案件のアフィリエイトに取り組んだのですが全くダメ。

そこそこ上位に今考えても儲けられるキーワードで表示されていても全くダメ。

じゃらんや楽天なら絶対に発生しているはずなのに、その案件だけは全くダメだったんですね。

なぜか?疑問に思って調べたんですよ、そして分かったのはエントリーフォームが面倒臭すぎてこれは離脱してしまうわ・・・ということでした。

自分で実際にエントリーフォームを入力していかないと、エントリーフォームのハードルの高さは分かりません。

だから実際に申し込んで見たり、最後の購入まではいかないけど最後の直前までは入力してみたりして、あまりにも面倒な案件は取り扱わないように今ではしています。

たまに間違って本申込みをしてしまうこともありましたがww

エントリーフォームのハードルが高すぎると本当に申込む人は減りますから、必ず見てください。

他にも住所の入力で全角で入力しないといけないのに「全角で入力してください」と書いてないようなところもダメです。

例えば住所で東京都千代田区千代田1-1-1という住所があったとします。

1-1-1のところはパソコンのテンキーで半角のまま入力してしまう人もいると思います。でも全角でという注意書きが無いと中々気づけ無い人もいるわけです。

半角でも全角でもOKにしてくれているエントリーフォームならなお良いのですが、全角なのに注意書きが無いところは要注意です。

某ソ〇トバ〇クのエントリーフォームも最後まで入力しないと最初に入力したことが間違っていると分からない仕組みになっていて申し込むのを昨日やめた僕が書いています。買う気満々だったのに同じことを再び入力し直さないといけないって本当に面倒ですから。

こういう再入力の手間を減らすようにきちんと自分のブログで説明しておけばコンバージョンすることもありますよ。

アマゾン・楽天のアフィリエイトが初心者向きな理由

アフィリエイトで初心者が始めやすいと言われるものでamazonアソシエイトと楽天アフィリエイトがありますが、なぜ始めやすいのか?取扱アイテムが多いということもありますし有名だからということもありますが、一番は既に会員登録をしてくれている人が多いからです。

エントリーフォームで新規登録をするというハードルが無いから、初心者でも紹介することで購入してくれる確率が高くなるからです。

もし、amazonや楽天が全く有名でなくて会員登録をしている人がほとんどいなければ、当然会員登録から始まる人が多くなるので面倒で購入しなくなる人はかなり増えてきます。

大手サイトのアフィリエイトは会員登録している人が多いので、ハードルが低くなることで非常に売れやすくなる訳です。

まとめ

当たり前の話ですが、公式サイトを見てわかることをブログに書いても意味はありません。アフィリエイト用の記事でもブログ記事でも公式サイトを見ても分からないことを分かりやすく書くことで価値が出ます

面倒なことを回避させる説明をするだけでも価値は出ます

アフィリエイトで全然稼げないという人はまず広告主サイトのランディングページを確認してください。

そしてエントリーフォームのチェックもしてください。

エントリーフォームで入力項目が多かったり、住所で全角入力が必要なのに全角で入力してくださいと書いてないようなところは素直にアフィリエイトをしない方が良い場合もありますから。

この2つをチェックすることでより内容の濃い記事も書けますし、これで困るだろうな~という人に対して愛ある記事が書けますから。

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。