鈴木です。別館

「鈴木です。」(http://suzukidesu.com/)の別館です。

【初心者用】検索流入の多い過去のエントリー(記事)を見つけ改善する (第8回 Google Analyticsを学ぶ )

PR

f:id:suzukidesu23:20151107202826g:plain

~ここから本文です~

昨日見たエントリー

news.cardmics.com

この中で下記の事が書かれていました。

過去記事の手入れは大事。特にアクセス数の多い記事の広告は常に最適化をしておくと良い。逆にいえばそれ以外の記事は放置でOKだし、広告自体を消してしまっても大丈夫。

ブログのマネタイズを行っている場合は非常に大切な事なのですが、マネタイズではなく、アクセスアップをする上でも重要な事です。

というのは、検索流入から来てくれた人にもファンになってもらい読者登録や、RSSで読んでもらうようになるためには、実際に過去のエントリーの見直しはとても重要だからです。

でも、本当の初心者の場合、検索流入の多いエントリーってそもそもどうやって見つけるの?というところから始まると思いますので、今回は順番が前後しますが検索流入の多いエントリーの見つけ方を書いてみます。

グーグルアナリティクス ログイン画面

Google Analyticsについて

 そもそものGoogle Analyticsの導入や見方は、先にこちらのエントリーを見て覚えてもらえれば、幸いです。

suzukidesu23.hateblo.jp

第1回から読んでもらえれば、概ね解るかと思います。

検索流入の多いエントリー(記事)を探すのは、「行動」の項目

検索流入の多いエントリーを探すのは、Google Analyticsの行動の項目です。

グーグルアナリティクス 左サイドメニュー 行動

Google Analyticsの左メニューの「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を選択します。すると下記の画面がメインメニュー側に出てきます。

グーグルアナリティクス「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」の画面

日付の範囲

f:id:suzukidesu23:20140911132733j:plain

日付の範囲ですが、僕の場合は時間がある時は火曜日くらいに先週分を直す事が多いので、先週の1週間分の日にちを指定します。

時間が無い時は3日以降に先月を指定しています。これは自分で直せる範囲で2~3日経過した時点で自分で決めた範囲で良いと思います。

ただ短すぎる期間だとたまたまトレンドキーワードでヒットしているだけの場合もありますので、1週間~1ヶ月の期間で見るのが良いと思います。

トレンドキーワードについて、下記を参考にしてもらえればと思います。

セグメントの追加

グーグルアナリティクス セグメント選択画面

上記の図の赤枠の部分、薄く「+セグメント」と書かれている赤枠の部分をクリックします。

すると下記の図のような画面が表れます。

グーグルアナリティクス セグメントで「すべてのセッションを外す場合

ここで、「すべてのセッション」が出ていますが、慣れない内は見にくいのでこの左側のチェックをクリックして、チェックを外します。

そしてもう少し下にスクロールさせると、下記の項目が出てきます。

グーグルアナリティクス セグメントで検索トラフィックを選ぶ画面

 「検索トラフィック」という項目があるので、その左側にチェックを入れて「適用」をクリックします。

すると下記画面になります。

f:id:suzukidesu23:20140911134610j:plain

右上の黄色の文字が出る場合もあります。

このレポートは◯ 回のセッションを基に作成されています(セッション数の ◯%)。 詳細

これは、最初はあまり意識しなくても構いません。

「データが多すぎるから少なくしたよ。でもサンプル数的に傾向で見るならこれで十分だよ」と言っている事になります。

もし、もっとサンプル数(データ数)をあげたい場合は、

f:id:suzukidesu23:20140911135350j:plain

下記の画面が出てくるので

f:id:suzukidesu23:20140911135428j:plain

として下さい。すると、黄色の文字列は消えるはずです。

そして、画面下を見てみます。

検索流入のみで表示されたエントリー(記事)

f:id:suzukidesu23:20140911135611j:plain

上記はこのブログの先月の検索流入で来てくれた人のみで上位6位のエントリーです。

一番上は

「/entry/混浴露天風呂」

となっていますが、これはドメイン部分を除いたものです。

なので、正確には

http://suzukidesu23.hateblo.jp//entry/混浴露天風呂

という事になります。

実際にどのエントリーか解らない場合は

f:id:suzukidesu23:20140911140150j:plain

そうすると、新しいWindowが立ち上がって、そのエントリーが何か解ります。

注意点

ここで上の図の2番め「/entry/super-moon3」をクリックしてみます。

するとグラフは下記のようになりました。

f:id:suzukidesu23:20140911140608j:plain

このエントリーはスーパームーン(8月11日)の事を書いたエントリーなのですが、スーパームーンなんて、その時は検索されるトレンドキーワードですが、終わればまったく検索されないキーワードです。

こういうエントリーまで改善をする必要性はありません。

混浴のエントリーだと下記の通りです。

f:id:suzukidesu23:20140911140815j:plain

若干の山はありますが、安定して毎日検索されています。

こういうエントリーを改善しないと意味がありませんので、ご注意下さい。

 

過去エントリーの何を直せば良いか?

でも、実際に過去のエントリーの何を直せば良いのか?と悩むかもしれませんよね。ブログをしている目的によっても変わります。

マネタイズをしているのであれば、最適な広告を貼り直す。例えば、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)でA8.net リンクシェアと契約しているのなら、じゃらんの混浴特集のページをアフィリエイトリンク(なお、じゃらんの混浴特集ページが本当に最適なのかどうかは別の検証が必要ですがここでは特に関係ないので説明は省きます)を貼ってみるのも良いかもしれません。

マネタイズではなく、アクセスアップを測るのなら、関連エントリー(関連記事)のリンクを貼ってみたり、興味を持ってくれた人ようにプロフィールへのリンクを貼ってみるという手もあります。

また、過去には気づかなかった誤字脱字を直してみるとか、文章の繋ぎは本当にこれでよかったか?(てにをは等)を確認してみるのが良いと思います。

 

こういう細かい積み重ねがアクセスアップ、マネタイズへと繋がっていくと言えます。

以上です。

ご清聴、ありがとうございました。

第7回へ


第9回へ

アフィリエイトに興味がありましたら、最初はA8.netがオススメです。

 Google Analyticsのオススメの書籍は下記の2つです。真剣に覚えたい時は立ち読みしてから、納得の上、お買い求め下さい。

Google Analyticsパーフェクトガイド 増補改訂版 Ver.5/ユニバーサルアナリティクス対応

Google Analyticsパーフェクトガイド 増補改訂版 Ver.5/ユニバーサルアナリティクス対応

 
Google アナリティクス 実践Webサイト分析入門 ユニバーサルアナリティクス対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。

Google アナリティクス 実践Webサイト分析入門 ユニバーサルアナリティクス対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。

 

© 2015 suzukidesu, ALL RIGHTS RESERVED.
文章並びに画像等、すべての著作物の盗用&不正利用・転載を禁止します。特にまとめサイト(NAVER・RETRIP等)での使用を固く禁止します。また、無断で使用した場合は使用料を請求いたします。詳しくはこちらのエントリーをお読み下さい。